« 意外な子供たち | トップページ | 六カ所村のこと »

2008年2月21日 (木)

痛い時はどうすればいいの。

今日も雪の森の中で遊んだ。
雪でも靴下をはかない男の子がいる。
帰り間際になると、
さすがに長靴で足の親指が擦れて、
皮がむけてしまった。
「痛いよ〜(泣)痛いよ〜(泣)」と泣いている。
するとその男の子が
「痛いときはどうすればいいの?」
とA子ちゃんに聞いた。
するとA子ちゃん
「痛いときはね、笑っちゃえばいいんだよ〜♪」と・・・。

そうか、そうか、そうやっていつも痛みに耐えていたのか・・。

なんで、森のようちえんピッコロの子供たちは
ころんでも「キャキャッ♪」と笑っちゃうのかと思っていた。
ころんでも楽しいのかと、ずっと思っていた。
それもあるのかもしれない。
でも痛いと思った次の瞬間に
意識的に笑うようにしていたのか・・・。
わからない。

もしかしたら
ものすごい子供たちなのかもしれないな〜☆

|

« 意外な子供たち | トップページ | 六カ所村のこと »

森のようちえんピッコロ」カテゴリの記事

コメント

痛い時には笑っちゃうんだ!!
実は私昨日アイスバーンの坂道で派手に転びました。子供たちもあんぐり口をあけるくらい・・・・・見学の学生さん・園の代表がいるし・・・・はー・・・痛いというより「恥ずかしかった」でもやっぱり笑っちゃうよ。歳には勝てず夕べは熱気味、ささっと寝ました。
お互い(?)笑ってがんばろうよ!

投稿: ポポロ | 2008年2月22日 (金) 07時55分

発熱ですか。
大丈夫ですか。
この仕事体が資本!とつくづく思います。
体調が悪いときの森歩きって
なんてしんどいのでしょう(泣)
早く良くなるといいですね。

投稿: スタンピー | 2008年2月22日 (金) 12時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/514565/10664653

この記事へのトラックバック一覧です: 痛い時はどうすればいいの。:

« 意外な子供たち | トップページ | 六カ所村のこと »