« お米の中には7人の神様がいる | トップページ | 子どもの能力は大人が決められるものではない。 »

2008年10月31日 (金)

カレーはどうしよう

白飯の日 
イコール 今日は子供たちだけで、
カレーライスを作って頂く日。

「さぁ〜食べましょう〜!」

子どもたちは
白いご飯の入った弁当箱を持って
一列に並んでいる。
私がそこにカレーをかける。

次はHちゃんの番になった。
するとHちゃんは弁当箱を持ったまま、
急に「食べない!」と言って、あちらへ行ってしまった。

私?????
子どもたちも?????

Hちゃんに理由を聞いても話してくれない。

おかしい。

そんな時私がよく使う手がある。
「Hちゃん、みんなの顔を見てごらん」

Hちゃんはみんなの顔をみた。
みんなは当然のごとく、
心配そうな、悲しそうは何だか複雑な顔をしている。
それを見たHちゃんが
小さい声で話してくれた。

「だってこぼれちゃうから」

そうなのだ。
前日に私が子どもたちに話した事がある。
「明日はカレーを食べるので、
 弁当箱いっぱいにご飯をつめてこないように。
 カレーをいれるとあふれちゃんからね」
と。
Hちゃんはそれを覚えていた。
カレーをよそる時に突然思い出したのだ。
Hちゃんの弁当箱には確かに上までご飯が入っていた。

しかし、ここはピンチに強いピッコロッ子。
どうすればいいのかみんなで考えた。
子「(弁当箱の)ふたにカレーを入れればいい」
そうそう、私はふたにカレーを入れる
もしくはもう一つの皿を台所から持ってくる。
その2つのどちらかで解決するだろうと思っていた。

すると次にS君が
「ご飯を押せばいいんだよ」
と言った。
弁当箱に入っているご飯を上から圧縮して、
その上にカレーをかける
という事だ。

なるほど。

Hちゃんはこの案が気に入ったようだ。
ご飯は押されて、その上にカレーがのった。
でもこぼれない。
やっと、Hちゃんもそしてみんなもニコニコ顔に。

ほほぉ〜、ご飯を押すとはね!
で、Hちゃんはこの解決法を採用するとはね!

みんなのカレーライスはさめた。
でもそれよりHちゃんが
笑って食べられる方が大事だよね。
って勝手に思っているけど
これも自己満足なのかな〜(笑)

「いただきま〜す!」


|

« お米の中には7人の神様がいる | トップページ | 子どもの能力は大人が決められるものではない。 »

森のようちえんピッコロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/514565/24902099

この記事へのトラックバック一覧です: カレーはどうしよう:

« お米の中には7人の神様がいる | トップページ | 子どもの能力は大人が決められるものではない。 »