« 悲しい芋掘り(泣) | トップページ | お米の中には7人の神様がいる »

2008年10月16日 (木)

ごみ拾い

今日はひょんな事から
森のゴミ拾いをした。


朝、今日はどこに行きたいかを話し合う。
子供たちは川コースへ行きたいと言う。
わかった。
しかし、夏は終わったので、
水に濡れる川遊びはできないという事を気づかせる。


すると
「じゃあ、川の水で顔を洗いたい」というのだ。
それはいいでしょう、と思っていると、
1人の子が
「川にはゴミが落ちているので、汚いから、洗ってはダメだ」
という。
なるほど、そういえば、
川の水はきれいだが、
空き缶やコンビニ弁当のゴミが落ちている。


「じゃぁ、ゴミを拾ってからなら顔をあらってもいい?」
と、相当川で顔を洗いたいらしい。


そんなこんなで、川のゴミ拾いに出発した。


「これ燃える〜?燃えない〜?」と
向こうの方から声がする。
川で顔を洗う事を忘れて、ゴミ拾いに没頭する子供たち。
ゴミを捨てた人へのイカリもなければ、
何故自分たちがゴミを拾わなければならないか
というイカリもない。
嬉しそうにも見える。


帰りには
「あ〜重かった」
という程、ごみ袋にゴミがたまった。
で、満足そうな子供たち。


昼食時、
「なんであそこにゴミがあるのだと思う?」
と聞くと
「木がコーヒー飲んで、捨てちゃったんじゃない?」とか
「森の神様が落としたんじゃない?」と言っていた。
けど、多分わかっている。
大人たちがやったという事を。
大人が捨てて子供が拾う。
こんな日本になりました(泣)

|

« 悲しい芋掘り(泣) | トップページ | お米の中には7人の神様がいる »

森のようちえんピッコロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/514565/24546917

この記事へのトラックバック一覧です: ごみ拾い:

« 悲しい芋掘り(泣) | トップページ | お米の中には7人の神様がいる »