« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月27日 (木)

ソリ遊びでの出来事

黙ってみていた。

今日は枯れ葉でソリ遊びをした。
ピッコロにはソリが1つ。
子どもは12人。

どう遊ぶのかとずっと見ていたのだ。

6歳のH美ちゃんが、リードして遊ぶ。
「並んで〜」
「次はAちゃん」
「次はB君とC君ね!」

しかし、よ〜く見ていると、どうも公平ではないような気がする。
同じ子が何回もやったり、
回数が少ない子がいたり、
ある子は何度やっても許されて
ある子は許されない。

それでも子どもたちは
ものすごく楽しそうに盛り上がって遊んでいる。

「ふ〜ん、それでもいいんだ」

と不思議な気持ちで見ていた。
すると、しばらくして、
動きがでてきた。

5歳のH子ちゃんが
「私、もうやらない!」と怒って仲間からはずれた。
それをみたS君も
「僕もやらない」
R君も
「やらない」

へぇ〜どうしてだろう。

それでも私は見ていた。

はずれた3人は
棒を2本持って、スキーごっこをし始めた。
偶然、私の近くに滑ってきたので、
何気なくきいてみた。

「もう、ソリはやらないんだ」

「うん、だってHちゃん、ばかりやっているから、
 もうやらないの」
「Hちゃんが決めるからやめたの」

そんな話しだった。
でも、その時はさほど彼らにいかりは見られなかった。
スキーで楽しげに滑っている。


そんなこんなで、昼食に。

テーブルを囲みながら、
改めて、外れた3人がソリをやめた理由を
話してもらった。

森で私に話してくれた事と同じ事を言った。
それを聞いていた、Hちゃん。

「だって、みんなが並ばないから」とか
「私と一緒にいないから」
と反撃。

しばらく、その事について
あれこれと子ども同士で話していた。
私は、子どもが言った事を繰り返したり、
聞いたりするだけ。

すると、そのうち、その話しは横道にそれ、尻切れトンボに。
フェイドアウトしたかのように見えた。
それぞれがお弁当を食べている。

数分たった。
子どもたちがその話しを忘れかけた頃
私は悪くない、と言いはっていたH美ちゃんが
突然言ったのだ

「H子ちゃん、ごめんね」

えっ?

子どもはいつも不意打ちしてくる。
まさかこのタイミングで謝るとは。

消滅したかのように思えた話しあい。
しかし、H美ちゃんの中ではなくなっていなかったのだ。
楽しそうに食べている間も
H美ちゃんは何かを感じていたのだろう。
そして、彼女の心が「ごめん」と思えるまで、
この時間が必要だった。

大人はその場で「謝りなさい」と言う。
どちらが悪かったと善悪をつけたがる。

しかし、子どもは悪いと思えば
言われなくても自分から謝るのだ。

大人の役目は、お互いの子どもの気持ちを伝える機会を作るだけ。

こうやって、この森で
喜怒哀楽、全部の感情を出してほしい。
うれしい、悲しい、悔しい、楽しい、淋しい。

そして、自分の感情を十分感じて欲しい。
自分の気持ちを感じられないうちは
他人の気持ちなんてわかるはずがないから。

だからこそ、この森が必要なのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

おいしい遠足

今日もピッコロっ子歩きました。
2時間弱。

今日の企画は
お母さん達がおいしい学校の明治カフェの調理室で
お弁当を作って、待っていてくれる。
という企画です。

今日初めて預かり保育に挑戦した子も
「お母さんが、お弁当作ってまっているよ」
というと、泣かずに歩き出しました。

お母さん達のタイトルは
「らくちんお弁当づくり教室」
らくちんなのに、
出来上がったお弁当は
とびっきり美味しかったですよ〜!!!

ちなみにメニューは

小豆とさつまいもとクリのごはん
(くりはピッコロハウスの栗)
厚揚げの甘酢あんかけ
ごぼうの梅煮
ぬか漬け
しいたけの照煮
人参のむし煮ごま和え
れんこんきんぴら
津金のりんご

おっと、こんなに盛りだくさんのお弁当。
うちの1週間分くらいありますね(笑)

歩き終わった子供たちは
「おいしい、おいしい」と
ほおばっていました。

冷たい風を頬にうけ、
雪をかぶった八ヶ岳をバックに
子供たちと笑いながら歩いたあと、
こんなに美味しい昼食。

これを幸せと言わずになんと言うのかな。

そんな事を考えた1日でした。

Imgp5202


Imgp5205


Imgp5207_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

ごんべさんの赤ちゃんが風邪引いた♫

♫ごんべさんの赤ちゃんが風邪引いた♫
♫        〃        ♫
♫        〃        ♫
♫   それで慌てて湿布した    ♫

この手遊び知ってますか。

今日初めてピッコロのこどもたちとやりました。
何度か歌っていると、H美ちゃんが
「先生、最後に “ヘイ!” って言おう!」
というのです。
手を挙げて。

OKOK!

再び、何度か歌っていると
今度はH子ちゃんが
「先生、ヘイ!の時、飛び上がるのは!」

いいね、いいね!

この単純で昔っぽい手遊びが
一気に活気を帯びてきました。
最後のヘイ!を子どもたちが待っているのもわかります。
そのヘイ!が
何とも元気で、楽しそうで、
笑顔がはじけそう。

今まで、私は色々な園で、何度となく、
子供たちとこの手遊びをしてきました。

しかし、こんなに生き生きとした、盛り上がる
ごんべさんの赤ちゃんは初めてです。

「ピッコっ子は何かが違う」

やっぱり今日も、こう思っちゃうんだな、これが(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)

山梨放送より

ただ今、山梨放送の
「ともちゃんちの5時」のディレクターの方から
連絡がありました。

『連盟賞受賞記念みなさんにありがとう「ともちゃん家の5時」』
という番組を放映予定だそうです。
日時は11/24(月)14:55からです。

この賞は全国の201社の中から選ばれ、
山梨放送さんでも山梨県でも
初めての受賞だそうです。
青少年に見せたい番組、ナンバー1だったそうですよ。
ピッコロはおまけのようなものですが(笑)。

以下は詳細です。
よろしくお願いします。
******************************************************************
「日本民間放送連盟賞特別表彰部門・青少年向け番組」
最優秀賞受賞を記念して
受賞作品の「森で遊ぼう」を放送します。
また、授賞式の模様もおくります。

「日本民間放送連盟賞特別表彰部門・青少年向け番組」
 最優秀賞受賞を記念して受賞作品の
「森で遊ぼう」を放送。
 荒れ果てた森の現状を訴える森林インストラクターの
 安藤義樹さんや、
 園舎を持たない「森のようちえん」などを紹介します。
 また、国際フォーラムで行われた授賞式の模様もおくります。
*******************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おいしかった。棒パン★

前日こねたパン生地。
今日は棒に巻きつけて焼いた。

しかし、今回のパン生地は、
あまり発酵しなかった。

子供たちは登園し、
パンの生地を見て、びっくり。
「ふくらんでいないよ?」

原因は温度かと思われる。
ピッコロハウスに置いてあったパン生地は
寒さのあまり、
あまり発酵しなかった。

それと対象的なのが、
私がうちでこねてきたパン生地。
お休みした子の為に、
余分に作ってきたものだ。
うちは暖かいので、よく発酵した。

子供たちに自分の生地と
私の生地の触感の違いを聞く。

「先生の方がやわらかい」
「あったかい」

で、食べ比べ。
「先生の方がおいしい!」
「自分のパンの方がおいしい!」
「両方うまい!」
反応はさまざま。

それで最後に
「なんで膨らんだパン生地とふくらまなかったパン生地が
 あるのだろう」
と問いかけてみた。

「手に水をつけてこねたから?」
「わかんない???」

子供たちの反応は鈍かったけれど、
6歳のHちゃんが言った。
「寒かったからじゃない?」

すごい。

しかし、答えは言わないのだ。
それは子供たちと一緒に食べたり、触ったり、においをかいだりして、
わかっていくことだから。

次回のパン作りには
私なりのシナリオができている。

『前回は、寒くてパン生地が膨らまなかったので
 今回はそれぞれうちに持ち帰り、
 パン生地か膨らむようにケアする』

この案が子供たちから出てくる事。

私の場合、保育に
いつもこのようなシナリオができている。
しかし、子どもたちはことごとく、私を裏切る。
毎回シナリオ通りにはいかないのだ。

それは、私が考えたシナリオより、
ずっとすばらしい。

子どもは大人をいつも越えている。

Imgp5120

Imgp5121

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年11月20日 (木)

はりきった。天然酵母パン生地作り

昨日、子供たちに伝言した。
「明日持ってくるものは タッパーとボールと力の3つです。」

今日は天然酵母パンの生地をこねた。
寒い中、戸外でのパン生地こね。
パンの生地って大人も「まだ?」と思う程、
よく練らないとだめなのだ。

しかし、子供たちは根をあげるどころか、
ものすごいやる気。
机もあっと言う間に用意し、
「タッパーとボールと力」も机の上に準備する。
ろくに指示もしていないのに、この手際のよさ。
あっぱれ。

しかし、たくましいのは
パン生地をこねる時だけではない。

今日、忘れ物をした子供たち。
「忘れたらパン生地をこねられないかもしれないよ。」
と言うと、
一瞬、ドキッとした表情になる。

しかし、次の瞬間に
タッパー(ねった生地を発酵させる)を忘れた子
→「○○君に一緒にいれても〜らおう!」

ボールを忘れた子→「ピッコロハウスのものを借りれば!」
と自分なりの解決策を考えて、
もう、走り出している。

忘れ物をしたのだから、
もう少し、身にしみてくれてもいいのではないか
とも思うが、
そのたくましい後ろ姿がほほえましい。

これぞ、生きる力。

これからの困難にも自分なりの答えをみつけて、
明るく生きていってほしいなあ〜〜★


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

テレビ放映

インフォメーションです。
森のようちえんについての特集を、
11/20(木)フジテレビの「とくだね!」で放映されるそうです。
(朝8:00〜9:55)

先日の全国交流フォーラムin飯綱高原(2008/11/14〜16)にも
取材の方がいらしていましたので、
放映されるかもしれないです。
ご興味のある方、いかがですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

第4回 森のようちえん全国交流フォーラム

長野市から40分程の飯綱高原に
総勢280名が集まった。
第4回森のようちえん全国交流フォーラム。
2泊3日、朝から晩まで
森のようちえんの事を熱く語った。

そして、今年は
なんと、森のようちえん全国ネットワークが創立された。
新しい動きだ。
日頃、地道に子供たちの為に、
活動している人たちが集い、
このネットワークが立ち上がった。
個々の動きがつながって、大きなうねりになる。
これがネットワークのよさ。

さぁ、明日からもがんばるど〜!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月13日 (木)

おじじとおばばの語りの会

今日は北海道、滝上町の「モリの子どもの村」の
おじじとおばばがピッコロに来て
お話をして下さった。

午前中、森に行き
「今日は午後からおじじとおばばが来るから
 早くお弁当を食べてお迎えしないとね。帰ろうか」
というと
全員「は〜い!」と言った。
いつもは
「帰るのやだ〜」と
言うのに。

来客が嬉しいのか、
おじじとおばばという名前が嬉しいのか。
子どもたちはお弁当を食べ終わると
わくわくし始めた。
ある子は木に登り
そこから、ずっと来る方向を見ている。

「私、わからないと困るから
 木の上から探して、案内してあげるの」と。

男の子たちは
すっかり、警備員になりすます。
「道を教えないと」と。
手に手に警棒を持っている。

何故そこまで楽しみにしているのかが
私にはわからなかったが、
来客に対する自分たちができる、
精一杯の歓迎の心なのかもしれない。

おばばは子どもたちに手話の歌を教えて下さり、
おじじは子どもたちをそばに座らせて
自己紹介をしてくれた。
そのお人柄に子どもたちはいっぺんで
お二人を好きになったようだ。

その証拠に、園舎に入るまでの道案内を
子どもたちが自らかってでた。

大人にむけての話しは
言葉では表現できないくらい
素敵なものだった。
20名近くの方がつどって話しに聞き入った。

子どもは日常を越えた瞬間に美しさがある。
その美しさに魅せられてここまで来た。
というおじじの話し。
その瞬間に胸が熱くなった。

私もその子どものすごさ、心の美しさに
魅せられているひとりだから。

ずっとこの時間が続いて欲しいと思いながら
話しを聞いた。
なぜ楽しい時間はこんなにも短いのだろう。

Imgp5095


Imgp5099


Imgp5105

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

投げださないのはなぜ?

今日は3歳のTちゃんが
初めてお母さんから離れて、
ひとりで1日を過ごす日。

よくある事だが、お母さんが帰ってしまうと
「おかあさ〜ん!」
と泣き始めた。

私がTちゃんのそばに行こうとすると、
私より先に6歳のHちゃんがTちゃんの所に行った。

おぉ。

と思い見ていると
そのうち、HちゃんがTちゃんをおんぶし始めた。
すると泣き止んだ。

だが、何度となくお母さんを思い出しては泣く、
するとHちゃんがおんぶする。
今日はHちゃんがTちゃんのお世話係のようだ。

森へ行った時もそうだった。
ピッコロの裏山は、大人でも1歩進むと2歩戻ってしまいそうな程の
急な斜面がある。
そこをおんぶして登っている。

しかも、泣いている子は不思議なもので
自分の荷物(リュック)を降ろしたがらない。
お弁当が入っているリュックを背負ったままのTちゃんを
そのままおんぶする。
自分の水筒も持っている。

Hちゃんはいつギブアップするのか。
泣き叫ぶTちゃんをどうする事もできずに、
最後には2人で泣き出してしまうのではないか。
そう思っていた。

森での2人をそばで見ているわけにはいかない。
遠巻きだが、しかし、目は離せない。

重いのだろう、おんぶをおろしてみたり、
「だっことおんぶとどっちがいい?」と聞いてみたり、
「ほら、大きい葉っぱがあったよ」と拾ってあげたり、
どんぐりも拾ってあげた。
笑わせもした。

しかし、Tちゃんは一旦泣き止むけど、
すぐに泣き始めてしまうのだ。
その度にHちゃんは手をかえ品をかえ
作戦を考える。
しかもそれがずっと。
ずっとというのは、森が始まってから上に行くまで
時間にすると、1時間強。

Hちゃんはどんなに困っても
私の顔を見ない。
私の助けも求めないのだ。
ただただ2人の世界だった。

私は仕事柄、泣いている子どもをどうにかしようと
四苦八苦する事が多い。
その時の気持ちは非常に微妙。
Hちゃんの気持ちは痛いほどわかる。
しかし、彼女は投げださない。
本日ご参加のお母さん、お父さんとも顔を見合わせた。

しばらくすると、とうとう森の上の方で、
Hちゃんが私を呼んだ。
私は駆け寄った。

「Tちゃんが眠いっていうの」と。

泣きつかれて森のまん中で眠くなったのだ。
そのまま私がTちゃんを引き取った。

それにしてもよくやった。
Hちゃん。

私は帰りの会で今日の話しをした。
Hちゃんがどうがんばっていたのかを、
みんなに聞いてみた。

「おんぶしていた」
「優しくした」
「手をひっぱってあげた」

子供たちは走り回っていながらも、ちゃんと見ていたのだ。

張本人のHちゃんの今日の感想は
「えらかった(大変だった)」
「大変だったのに、なんでやったの」と聞いたら、
「やりたかったから」と。

彼女の胸の内はわからない。
しかし、表情だけは今でも思い浮ぶ。
とても大人にみえたから。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年11月 6日 (木)

子どもの能力は大人が決められるものではない。

今日はキウイフルーツをとりに裏庭へ。
で、そのキウイの棚がとっても高い。
どのくらいの高さかって、
大人が手を伸ばしても
実に届かないほど。

子どもたちは手に手に入れ物を持って、
取る気満々で行ったのに、なんと言っても
「高い!」
「届かない!」
でも、ピッコロッ子はへこたれない。

まず最初にキウイがなっているツルを
揺らし始めた。
すると、ぽろぽろと餅まきのように落ちてくる落ちてくる。

しかし、そのうち落ちてこなくなった。
次は木登り作戦。
だが、幹も細いしどうしても登れない。
ならば協力して、と何人かでおしりを押して登る。
また、何個かゲット。
しかし、まだまだ取れないキウイがたくさん見える。

お次の作戦。

「そうだ!椅子を持ってこよう!」

そうそう、私はこの方法を考えついて欲しかったのだ。
よしよし。

今度は手に手に椅子を持ってくる。
椅子に乗って何個かゲット。
しかし、その椅子ではまだ低すぎる。
「そうだ!椅子に椅子を乗せればいいんだ!」
次の作戦は、ちょっと危険なので、
大人が押さえる。

(このあたりから、だんだん私が予想のつかない方向へ…)

しかし、まだまだ先が長い。
多分子どもたちは全部のキウイをとるつもりなのだ。

「椅子の上に椅子」の作戦も
取れる実をとると、
やはり、まだ届かない実が残っている。

お次は
「はしご!」
そうそう、ピッコロハウスにはしごがあるって事を
子どもたちはちゃんと知っていた。

男の子3人ではしごを持ってくる。
そのはしごをキウイのある場所に立てるのかと思いきや、
まったくキウイがない場所に立てている。

なんで?

と思っていると、
キウイをとる為でなく、
棚の上に登る為だったのだ。

すでにHちゃんが、棚の上に乗っている。
彼女はその上をハイハイで移動しているのだ。

たくましや。

とうとう3人の女の子が棚の上でのハイハイ移動で、
残りの全部のキウイを取りきってしまった。

あとで数えたら、
総数115個。

それにしても恐るべしピッコロっ子。
そこにいた大人4名はあっけにとられていた。
「最後には大人がとるのでしょうね」
と誰もが予想していたからだ。

みごとなキウイ獲得大作戦から、
今日も思う。

「子どもの能力は大人が決められるものではない」

Imgp4969

Imgp4975

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »