« パン生地はどこへ置く? | トップページ | 動物の死 »

2009年2月 4日 (水)

豆まき

「わすれんぼ鬼」
これは私のお腹の中に入っている鬼。

豆まきで鬼を退治する。
と、同時にみんなのお腹の中の鬼も
出て行きますように。

私はピッコロの子供たちのお腹の中には
どんな鬼がいるのか
知りたかった。

「泣き虫鬼」
「ごはんを食べるのが遅い鬼」
「いじわる鬼」

とおかしくなるほど、
子供は自分の事をよく知っているものだ。

そこでピッコロの子供たちにも聞いてみた。
するとほとんどの子供たちが

「お腹の中に鬼はいない」

という。

あれ??

「そうか、私の聞き方が悪かったのか」

と思い、
参加しているお母さんお父さんのお腹の鬼を話して頂いた。

大人のお腹の中には
「おこりんぼう鬼」
「くいしんぼう鬼」
「ゴロゴロ鬼」(ゴロゴロ寝てばかりいる鬼)
「片付け鬼」(何でも片付けてしまう鬼!)
がいた。

「では、みんなのお腹にはどんな鬼がいるかな?」と再び聞くと

やはり

「いない」

というのだ。
唯一1人の女の子だけが
「私は喉痛い鬼がいる」
と言った。

違う。
今まで出会った子供たちとは
何かが違う。

自分の欠点を自覚していないのか、
質問の意味がわからないのか、
はたまた、本当に欠点がないのか、
あっても森で浄化されているのか、
とにかくわからない。

しかし、取り合えず
当日は見事に泣いた。

「I君のお父さんが鬼になるんだよね〜」
とわかっていながら、
どうしてこんなに鬼は恐いのだろう。


Imgp5388


Imgp5396_2


Imgp5389

|

« パン生地はどこへ置く? | トップページ | 動物の死 »

森のようちえんピッコロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/514565/27781295

この記事へのトラックバック一覧です: 豆まき:

» 我が家の節分 [ 森の家具工房 in山梨]
 節分の日はいかが過ごされましたか? 子ども時代から触れいている慣習って、親にな... [続きを読む]

受信: 2009年2月 7日 (土) 21時41分

« パン生地はどこへ置く? | トップページ | 動物の死 »