« お泊り保育 | トップページ | 言われなくても »

2009年7月28日 (火)

ブルーベリー弁当

「お弁当がない〜!」
3歳のAちゃんが泣き出しそうだ。
みんなはすでにお弁当の用意をしている。

私「どこにもないの?」
Aちゃん「ない」

すると、G君が「探してくる」と
リュックサック置き場に走ってくれた。

G君「(Aちゃんのリュックには)着替えしか入ってなかった」

困った。
みんなお腹をすかせている。

私「どうしようか」

G君「ブルーベリー弁当は?」
私「ブルーベリー弁当???」

確かに園庭に食べられるブルーベリーはあるが、
それでAちゃんが納得するとはサラサラ思えない。

まぁ仕方がないので、
一応聞いてみた。

私「Aちゃん、ブルーベリー弁当でいい?」
Aちゃん「うん」
私「えっ、いいの。ブルーベリー弁当だよ」
Aちゃん「うん」

子どもはわからない。

そしてブルーベリーを摘みに行く事にした。
年長組と年中組が一緒に行った。
I君だけは、ブルーベリーが植わっている場所と
違う方向に走った。

あれ?

見ていると
手にいっぱいの三つ葉をとってきてくれた。

I君「ブルーベリーだけじゃだめだから」

園庭で食べられる物は
現在、ブルーベリーと三つ葉しかない。

そうか。


いつも思うが
この子たちのすごいところは
大人が何も言わなくても、
ブルーベリーや三つ葉を摘みに走るところだ。

「一緒に摘みにいってもいい?」
もなければ、
「僕が摘んであげたよ」もない。
大人の同意なしに走り、
終われば、何もなかったかのように
自分の席にもどるのだ。


大人になって思うが、
人の目を気にしながら
生きるのは苦しい。
"自分は自分 人と違って当たり前”
そう考えられるようになって、
初めて自由になる。

子供たちには
自分の中からわき上がってくるものと
森の神様とだけの関係で
生きていってほしい。
つまり今のままで大きくなってほしいのだ。

それにしても、
「僕のお弁当を半分あげる」
という子がいなかったのには笑った。
ピッコロっ子の弁当は
みんなとても大きい。
自分の分をあげると
お腹がすいてしまうという事がよくわかっているのか。
それともただのけち?(笑)

子どもらしくて好きだな。
そういうところ☆


|

« お泊り保育 | トップページ | 言われなくても »

森のようちえんピッコロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/514565/30733537

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーベリー弁当:

« お泊り保育 | トップページ | 言われなくても »