« ブルーベリー弁当 | トップページ | ★山梨森のようちえんフォーラム★ »

2009年8月21日 (金)

言われなくても

ピッコロは登園が9:30。
自由遊びのあと、10:00に朝の会が始まる。

私の「お名前呼びま〜す」のかけ声で
朝の会が始まるのだ。

今日はパン焼きの日。
昨日、子どもたちが自分でこねたパン生地を
今日はたき火で焼いて食べる。

いつものように私が言った。

私「お名前呼びま〜す」
すると
H奈ちゃんが「いくつ?」と言うのだ。
私「え、あぁ、3つ3つ」

そう、正確にはこの会話、

H奈ちゃん「今日のパン焼きで使う机はいくつ?」
私「3つ」
という内容だった。

ピッコロでは重い木の机を使っている。
今日のように机を使う時は、
子供たちが3、4人で1つの机を運び、
自分たちで準備する習慣になっている。
「手伝った方がいい?」
と聞くと
「いい」と断られる事が多いのだ。

「3つ」と聞いたH奈ちゃんは
「みんな〜。手伝って〜!」と元気よく走っていった。

そうかと思うと、
9:30から10:00までの
自由遊びの間、
I君とY君は一輪車で
たき火をする場所に薪を運んでいた。
そして、ちょっと目を離したすきに
レンガを両脇に2段ずつ積んで、
その上に網を置き、
網パンの準備が完璧になっていた。
しかもその網の下には
紙とたき付け(杉の葉)と小枝が
順番に詰めてある。

私は目を疑った。
そばにいた大人に
「手伝いました?」と確認した。
手伝ってない。

朝の会でその子たちに聞いてみた。

私「どうして大人が言わないのに、
  机を出したり、火の準備をしたりしたのかな?」
子「だって、パンを焼くから」
子「机を使うし」

至ってシンプルな答え。
そう、その通りなのだ。

学生でもいや大人でも
現在はマニュアル人間が多いそうだ。
マニュアルに書いてある事は
完璧にこなせるが、
それ以外の事態が起きると
対応できない。

自分の頭で考える子。

この子たちがどうしてこんなに
気がきく子になったのかはわからないが、
少なくても人間として合っていると思う。

パンを焼くから火の準備をし、
机を使うから机を出しただけなのだから。

           

|

« ブルーベリー弁当 | トップページ | ★山梨森のようちえんフォーラム★ »

森のようちえんピッコロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/514565/31050885

この記事へのトラックバック一覧です: 言われなくても:

« ブルーベリー弁当 | トップページ | ★山梨森のようちえんフォーラム★ »