« 誕生日☆ | トップページ | ピッコロ収穫祭 »

2009年9月22日 (火)

散歩のきまり

以前勤めていた園では
散歩に行く時は
年長組と年少さんが2人1組になって、
手をつないで歩いた。
しっかりしている年長組と
どこかへ行ってしまいそうな年少さんが
ペアになるように
大人が決めていた。
しかし、ピッコロではそれをしたくなかった。

ピッコロで遠出をする。
当然年長組は速く歩き、
年少さんは遅い。
年長組は途中で待つ事になる。
最初は待ち時間もその場で楽しそうに遊んでいた。
しかし、育って来たのか
「早く行きたい」
という子がでてきたのだ。
私「そうだね。早く行きたいけど、
  年少さんが来てないから
  待っていてあげようか」
子どもたちは仕方なくうんと言った。

しかし、やはり早く行きたいようだ。
次の遠出の時、
H子ちゃんが「私たち年少さんを後ろから押すから」
と言うのだ。
後ろから押す???
どんな事かと思ったら、
本当に最後尾を歩き、
年少さんの背中を押す。
年少さんは押されてちょっと早く歩く。
それを往路1時間、ずっと続けた。
目的地(海岸寺)についたら、
その年長組2人は汗びっしょりに。
「大変だった」
とのことだった(笑)

そして、先日の遠出の日、
出発間際にH奈ちゃんが言った。
「ね、大きい子と小さい子が…」
とつぶやいて、自分の弟の手をつかんだのだ。

やった!

すかさず確認。
私「大きい子と小さい子が手をつなげばいいのかな。」
H奈ちゃんは「うん」と言う。

嬉しかった。
私にとっては挑戦だった。
きまりというものは大人が決めるものではなく、
子どもから自発的にできあがるものなのか。
必要性を感じればできるかもしれないが、
その必要性を感じさせる事が
私にできるのか。

待った、待った、待った。
この日まで何ヶ月も待った。
シナリオは最初からできていたのに。


そして子どもたちは2人組になった。
いざ出発。
道路だけは危ないので、私が先頭で。
(ちなみにこれも子どもたちが決めた)

少し歩いていると
「こっち側こっち側」
という声が後ろから聞こえてくる。
振り向くとこんな会話だった。

年長組「パイナップルさん(年長)はこっち(道路側)のほう」
年長組「危ないからおばけさん(年少)はこっち(内側)にして」

ほほぅ。
予想外にすごい。
私は年長組と年少組が手をつないで歩くようになっただけで、
十分満足して、
さっそうとウキウキと歩いていた。
そのウワテを行くとは。

子どもは何もかも大人が教えてあげないとできない
未熟な存在ではない。
どこまでわかっているのか、
それをさぐっていくのに、
待つという道具が使われる。
そして子どもという存在や
その子自身を理解していく場が
ピッコロであるような気がする。

理解するということは愛するということに等しい。

どこかの本で読んだ私の好きな言葉だった。

Imgp6435_convert_20090922203703

Imgp6662_convert_20090922204118

|

« 誕生日☆ | トップページ | ピッコロ収穫祭 »

森のようちえんピッコロ」カテゴリの記事

コメント

とうとうですか??シナリオ通りの・・・
先生感激~でしたね。前回は一人が三人を見て、疲れ果てていた歩く日・・・

次回も楽しみです。
毎回、素敵なシナリオに自分を重ねつつ、子供たちや先生・スタッフさんに勉強をさせていただいています。

投稿: ふしみまあや | 2009年9月23日 (水) 07時31分

とうとうです!
シナリオ通りにいかない事ばかりでしたが
こんなこともあるのですね。
必要性を感じた子供たちなので、
そのきまりは守るでしょう、きっと。
(これもシナリオ通りにはいかないかな)

投稿: ピッコロ | 2009年9月23日 (水) 09時58分

子ども達って、ほんとうにすばらしいものを内側にすでに持っているのですよね。
いつもありがとうございます。

投稿: 小菅村 ほうれん坊 | 2009年10月 5日 (月) 13時01分

コメントありがとうございます。
子どものすごさは
無限大だと思っています。
自分も子どもだったときが
あったのだと思うと
何となく不思議な感じもしますが…(笑)

投稿: ピッコロ | 2009年10月 6日 (火) 00時27分

楽しく読ませて頂きました。(^_^)
すごいですね〜。
がんばって待ったかいがありましたね!

今回の、年長さんは、いろんな意味で、最初?なのかな?
最初の子達は、いろんな約束を作ったり、すごい経験になるのでしょうね。

このあとの、年少さん達は、また、どうなるのかな?

年長さんの作った決まりは、最初から経験しているので、
また、それの上に、違う事を、発見したり、作ったりしていくのでしょうか?

くみちゃんは、その先に、どんなストーリーを描いているのかな?

きっと、子供達は、良い意味で、裏切ってくれるんでしょうね。(^_-)

この先も、また、楽しみですね!!

投稿: こーだ | 2009年10月21日 (水) 07時27分

こーだ君!
もしかしてこのブログ読んでくれているのですか。
びっくり。
ありがとうございます★

ピッコロは存続しているのも
こーだ君のお陰だと思っています。
いつもありがとうね!!

投稿: ピッコロ | 2009年10月21日 (水) 19時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/514565/31477771

この記事へのトラックバック一覧です: 散歩のきまり:

« 誕生日☆ | トップページ | ピッコロ収穫祭 »