« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月22日 (木)

かぶと虫の幼虫をめぐって

散歩をしていたら、
かぶと虫の幼虫を6匹頂いた。
男の子たちの目の色が変わった。
幼虫を囲んで触ったり、埋めてみたり。
しばらくすると
どうやら3人の男の子が2匹ずつ
もらう事になったようだ。

そこで少し気になったので
帰りの会でかぶと虫ミーティング。

私「他に欲しい人はいなかったのかな」
H奈ちゃんが手をあげた。
私「あれ?H奈ちゃんも欲しかったんだって。知ってた?」
3人の男子は知らなかったと言う。
すると3人の中のG君が
「本当は欲しいけど我慢して1匹あげる」
と言う。
そうか、意外と簡単に決着か。
と思っていたら、
H奈ちゃんが
「いらない」と言いだした。
私「どうして」
H奈「2匹ずつだから」
どうやら彼女は
3人の男子が2匹ずつ持っていたので、
遠慮した様子。
私はわざと男子に向かって言ってみた。

「H奈ちゃんいらないのだって。よかったね。
 みんなが2匹ずつもらえるよ!」
と。
すると男子たちは、困った顔をして
なにも言わなかった。

すると、次にMちゃんがすごいことを言った。
「あと(欲しい人が)2人いれば、みんな1匹ずつになる」
おぉ!画期的なお言葉。
かぶと虫が6匹、欲しい人が6人いればいいという事だ。
これで解決かと思いきや、
私「他に幼虫ほしい人いる?」
いない。
この案は却下。
名案なのに残念。

すると今度はI君。
「僕は1匹でも2匹でもいい」
と言いだした。
私「じゃあ、I君が1匹をH奈ちゃんにあげてそれでいいか」
H奈ちゃんはいらないと言う。
I君「あげる」
H奈ちゃん「いらない」
I君「あげる」
H奈ちゃん「いらない」

あとは2人でやってもらうことにして、
かぶと虫ミーティングを終わらせた。

解散して遠くからI君とH奈ちゃんをみていると、
どんな話しになったのか、
いつの間にか、H奈ちゃんが
容器に1匹のかぶと虫の幼虫を入れ、
手に持っている。
その顔がやけに嬉しそうだ。

「いらない」と言った彼女は
途中でもうあまりほしくなくなったのかとも思っていた。
そうではなかった。
欲しくても誰かが1匹になってしまうことがいやだった。
それなら自分が我慢した方がいい
そう判断したのだ。

そんな彼女の思いに胸が熱くなった。
いつからこんなに友達のことを想い、
自分の気持ちを押さえられる柔軟な子になったのだろう。

そして、"自分たちだけ2匹もらえてラッキー!”
そんな話しにどうしてもYESと言えない男子の心が存在していた。
よかった。
どこか腑に落ちない顔をしている男子を見て、
ここでも目頭が熱くなった。
育っている。
自分は嬉しいけれど、嬉しくない人がいる。
そこに違和感を感じる心。
そんな人間に育ってほしかった。

ほかの誰かの犠牲のもとに
自分の幸せはない。

多くの命を犠牲にして生きているにも関わらず、
そんなきれいごとが
頭をよぎった。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月15日 (木)

ドイツ研修

ご報告です。

独立行政法人国立青少年教育振興機構
という機関をご存知ですか。
その機関で文部科学省からの委託事業
「日独青少年指導者セミナー」を実施しています。

過日「生きる力を育む〜低年齢児童の支援制度と方法」
というテーマでセミナーの募集がありました。

森のようちえんの見学も含まれるという事で、
ダメモトで応募したところ、
なんと選考され、
11月15日〜29日まで
ドイツに行かせて頂くことになりました。

かなり厳しそうな研修なので、
がんばらないと!
ドイツの幼児教育事情を
十分吸収してきたいと思います★

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年10月 1日 (木)

テレビ出演

取り急ぎ連絡させて下さい。
NHK甲府さんの取材が9月29日と30日に入りました。
テレビ放映予定です。
よろしくお願いします。

放送日    10/2(金) 18:10から
番組名   「まるごと山梨」〜がんばる甲州人〜というコーナー
放送時間   5~6分 

ピッコロは番組の中のどこかで紹介される予定です。

よろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »