« 手紙 | トップページ | 手紙 その3 »

2010年2月23日 (火)

手紙 その2

(つづきです。)

実はその手紙はおうちの方への手紙だった。

3月になったら「ご招待ランチ」をする。
どんな企画かと言うと
卒園児のおうちの方をピッコロにご招待し、
ランチを食べて頂く。
しかもそのランチは子どもたちだけで作るのだ。
材料を切って、火をおこして、味付けもする。
たぶん大丈夫。
(だと思う、いやそう願いたい)

子どもたちはこの企画におおいに乗り気だ。
卒園児は忙しいので
毎日昼食を食べながらの打合せ。
この打合せがすごい。
だって何も決まらないのだから。

まずメニューが決まらない。
私が「何にする?自分たちで作れるものだよ」というと
チャーハン、焼きそば、カレーうどんと続くのだ。
どれもピッコロでは作ったことがない。
しかも「うちのお母さん、プリンが好きなの」と
今度はデザートの話しで盛り上がってしまう。
ケーキ、プリン、ホットケーキ、クッキー。

ちょっと皆さん、たき火で作るってことわかってますか。
わかっている。
わかっているけど、作れると思ってしまう。
まだまだようちえん児だ。

メニューを決めるのは後回しにして
招待状を先に書く事にした。
その時、ちょっと不安になったので聞いてみた。

私「あれ?なんでお昼にご招待するのだっけ」
子「お世話になっているから」
私「ほう、どんなお世話になってるの』
子「毎日お弁当を作ってくれる」
子「ピッコロに連れてきてくれる」
子「お風呂を洗ってくれる」んんっ。
子「ピッコロのお金も出してくれる」
子「会社で働いてくれてる」

よくわかっている。

その有難い気持ちを込めて
手紙を書いたつもりだ。

「れすとらん かいてんします」
「おかあさんだいすき」
「きてください」
こんな文字が並んだ。

翌日郵便局へ出しにいった。
これがまたすごかった。
続きは後日で★

|

« 手紙 | トップページ | 手紙 その3 »

森のようちえんピッコロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/514565/33495233

この記事へのトラックバック一覧です: 手紙 その2:

« 手紙 | トップページ | 手紙 その3 »