« 授業参観 | トップページ | お知らせ »

2010年4月30日 (金)

拾い物

散歩に出かけると
いつも子供たちはゴミを拾い、持ち帰る。
缶、ビン、たばこ、ビニール。
そして今日はすごいゴミを拾った。

テレビ

超小型だが不法投棄のテレビだ。

それは道路の脇に落ちていた。
「あっ、テレビ!」
とテレビに近づき、さわっている。
どうするのかと見ていると
そのテレビを持ちあげた。
そして歩いた。

(まさか)

そのまま歩き続ける。

(もしかして)

私「ね、それどうするの」
G君「海岸寺の和尚さんに聞いてから
   ピッコロに持って帰る」
私「そ、そうなんだ」(汗


今日は歩く日だった。
お弁当をリュックに入れ、海岸寺まで歩く。
その和尚さんの持ち物でないか確認して
違ったらピッコロに持って帰るということらしい。

しかしいくら何でもテレビだ。
重い。

年長組G君とR君は2人で持った。
リュックに水筒にテレビ。
「重い」といいながら持つ。
休んでは歩く。
また休む。

大人は6人もいるのに
誰にも頼まない。
そして他の子にも頼まない。
今日、年長組は2人だけだった。

歩く、休む、歩く、休む。
しかしとうとう、

G君「あ〜、これ拾ってこなければよかった〜!」
R君「この道を通ったのが悪かった〜!」

やっとわかってくれたかと思ったが、
彼らはやめなかった。

歩く、休む、歩く、休む。

しかしとうとう限界に、
そして名案。

「ここに置いていって、帰りに持って帰ればいいんだ!」

帰りも同じ道を帰ってくるのだ。
またもや、やっと気づいてくれたと思いながら、

私「いいね、いいね、そうしよう」
G君「あ〜、よかった」
R君「助かった〜」
私「あっ、でも海岸寺まで持っていって
  和尚さんの持ち物ではないか聞くんじゃなかったっけ」
G君「それはもういいの」
私「えっ、もういいの?」

私は重いので和尚さんに聞く事を省略したのだと思った。
しかし、違った。

G君「だって和尚さんはあそこにこれを置かないから」

と言ったのだ。
えっ、と思った。
海岸寺の和尚さんは
不法投棄をするような人ではないということだ。
だから聞くまでもない、そう言いたかった。

子どもたちは和尚さんに何度か会ったことがある。
そのお人柄で判断したのか、
和尚さんという肩書きで判断したのか、
どちらにしても
その判断は正しい。

子どもはわかっている。
わからないことはたくさんあるが、
本質的な事はいつもわかっている。
だからこわい。
私は子どもの事がこわいと思った事が何度もある。
いや毎日思う。
1人の人間としては認めづらい大きさと行動。
しかし心は1人の人として成立している、大人なみ。
いやそれ以上かも。
人間としての本来あるべき姿を毎日見せつけられるのだ。
しかし幼い。
このギャップに戸惑い続ける。

で、ちなみにそのテレビ、
とうとうピッコロまで持ち帰った。
これからどうするのだろう。
乞うご期待。

最後にはお金を出して
ゴミとして処理するまで
子どもたちと一緒にやれるといいなぁ。
何かが育つはず。

|

« 授業参観 | トップページ | お知らせ »

森のようちえんピッコロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/514565/34462291

この記事へのトラックバック一覧です: 拾い物:

« 授業参観 | トップページ | お知らせ »