« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月30日 (金)

ジャンケンで負けました

昼食後、レジャーシートに座りながら
女子3人がジャンケンで遊び始めた。

「最初はグー ジャンケン ポイ!」

Mちゃん グー
Aちゃん グー
Rちゃん チョキ

Rちゃんが1人で負け〜!
ケラケラ〜(笑)!

と、こんな遊びのはずだった。
するとちょっと違った。
1人で負けたRちゃんが泣きそうになっていた。

MちゃんAちゃんも困ったようで
「チョキで負けたのに、泣きそうになってる」
と私に言いにきた。

大人として
こんな時どうしますか。

だってジャンケンだし。
チョキはグーには負けだしね。
「負けちゃったね」
とその気持ちに共感はできるものの、
その先って。

困っていた。

すると
K君が言ったのだ。

「僕が負けてあげるよ」

????
負けてあげる?
今更? 
どうやって?

よくわからなかった。
しかしわからなくても
取りあえず言ってみるのだ。

私「K君が負けてくれるって。Rちゃんよかったね!」と。

しかし回りの子供たちはみんなわかっていた。

K君が大きな声で言った。

「最初はグー ジャンケン ポイ!」

Rちゃん チョキ
K君   パー
  
K君が「あ〜、負けちゃった〜!」とこける。

再び、

「最初はグー ジャンケン ポイ!」

Rちゃん チョキ
K君 パー

またもや大げさにこける。

するとその辺の子供たちが参加してきた。

「最初はグー ジャンケン ポイ!」

Rちゃん チョキ
1人残らずみんな  パー

1人残らずだ。

もうその頃には
Rちゃんはキャアキャア笑っている。

このわざと負けるジャンケンが
何回も何回も続いた。
これで終わりかと思っていた。
すると必ずいるのだ。
1人だけグーを出す子が。

「最初はグー ジャンケン ポイ!」

Rちゃん チョキ
みんな  パー
M君だけ  グー

Rちゃんがどんな顔になるのかと
ドキドキしていた。
再び負けたのだから。

Rちゃんは
「勝った〜!」と言うM君を見た。
どうするか。
しかしその笑いが途切れることはなかった。

笑いながらわざと負けるジャンケンを続けた。


「チョキはグーに負けるのよ」
「仕方ないでしょ」
「負けても我慢しないとね」

これに比べて

「僕が負けてあげるよ」

こんな素敵な言葉が
この世にあるなんて。

理屈も大事。
でも今だから理屈よりも心が大事。
Rちゃんがそれによって
ワガママになるとか、
ことの道理がわからない子になるとか
そんなことは全くない。
まだ自分の気持ちを
自分で処理できないだけなのだ。
5歳なのだから。

それよりも、その時みんなが優しくしてくれたこと、
1人残らずパーを出してくれたこと、
彼女はその心を糧に大きくなっていく、
そう感じた。

そんな子供たちの
わざと負けるジャンケンをながめていて
目頭が熱くなった。
子どもって。

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月28日 (水)

かき氷で幸せだった

午後かき氷をした。
大人が氷やら器械やらを準備していたら、
子供たちが集まってきた。
そこで演技。
保育スタッフと
お皿とスプーンを持って

「私たち食べられるね♫」

つぶやいてみた。

すると早い。
そこらじゅうの子供たちが
一斉にいなくなり、
台所に走った。
手に手にお皿とスプーンを持って帰ってきた。
イスに座った。
完璧。

すると誰かが
「手、洗ってない!」
と言った。
するとまたサーッと子どもたちがいなくなった。
何しろ早いのだ。

空になったイスを目の前にして

“なんて幸せなんだろう”

充実感に包まれた。

大人は何も言ってないのだ。
「お皿もっておいで」も
「手を洗ってきてね」も、
ひと言も。


                                     
とてもいやだった。

「手を洗ってきてね」
     ↓
「手を洗ってこないと食べられないよ!」
     ↓
「手を洗ってきなさいってば!!!もう!」
     ↓
4回目になると角がはえていた。

こう過ごしていた毎日が、
とても苦痛だった。

言われなければできない子
言われてもできない子

私の責任だとずっと思ってきた。

だからピッコロでは幸せだと思う。
どうしたらいいのか、
各自が考えているからだ。

どんな子どもになって欲しいですか。
大人は先にいなくなります。
何が大事ですか。
原点はどこですか。
そこに立ち返ることが
私の仕事だと思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月24日 (土)

越える時

お泊り会。
「泣くかも」と言っていたG君。
予定通りお母さんと離れる時に大泣きをした。
お母さんにしがみついて泣く。
当日は15:00登園。
何となく夕方チックになったピッコロに
耐えられなかったのだろう。

途中のカレー作りまで
お母さんが同行。
そこで決心がついた。
お母さんとギューをして離れる。
まぶたが腫れたその顔で
何かを決めた意志を感じた。

結局、泣いていたG君、
泣きそうだったHちゃん、Mちゃん
みんなそれぞれ2日間のプログラムをこなした。
お母さんを思い出すこともなく、
全員テンションはハイ状態だった。

翌朝G君が起きてすぐ、
寝ぼけまなこでつぶやいた。

「お泊り会できた」

私は涙がでそうになった。

あまりにも泣くので、
今回は連れて帰って頂いた方がいいのだろうか、
それとも無理して参加した方がいいのか、
その子の性格も考慮し、
今後の育ちも考慮し、
でもどうしたらいいのかなんて
誰にもわからない。
異例のお泊り会最中に
お母さんと保育スタッフと私で
3者会議までしたのだ。

結局半むりやり、半彼の意志を尊重。
そんな形でG君のお泊り会のスタートだった。


越えられそうでだめそうな壁、
でもがんばれば越えられそう、
その壁を越えたところに育ちがある。

G君は確実に越えた。
ちょっと大人が背中を押したけど、
自分の力でよじ登ったのだ。
よかった。
少しにやけた彼の顔を見ながら、
頭をグシャっとなでた。

年長組、ここから小学生にむけてが早い。
私は年長児がこの時期に
お泊り会をやる意味が
ここにあるような気がしている。
この経験がグッと心をのばすのだ。

帰りの会で全員が感想を言った。

G君「お母さんがもっと早く帰ればよかった」

なんと。

自宅でさぞかし心配してたであろう
お母さんが言った。

「人のせいにしないでよね〜」

でもその顔がキラッと嬉しそうだった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ゆで目玉焼き

お泊り会終了。
今年も5名の年長児の参加。

お泊り会の計画を随分前から話し合っていた。

私「夕食はどうする?」
子「ケーキ!とプリン!」
私「えっ、夕食だよ?」
子「そう!!」

まぁいいか…(泣)

しかし結局無難なものに落ち着いた。
自分たちで作れるもの=カレーライスとチャーハン。

で、翌朝の目玉焼き作りがおもしろかった。
KちゃんとG君がシェフに立候補。
玉子も4個ずつ持参した。
2人とも家での予習済み。

まずはいきなりフライパンに油を入れる、
(火は)
で、玉子を割る。
(火は)
2つに割らずに玉子の上部を壊して
そこから中身を出すのだ。
(なんと)
結果殻は入る。

で、それから火をつけた。
ふたも必要、しかしこのフライパンにはふたがない。
大きな皿を持ってきた。
ふたをする。
今度は開けて水を投入したい。
しかし、ふたは持ち手がない,熱い。
悪銭苦闘。
しかも水をドバーと入れる。
まだ熱くなっていないフライパンは
音も何もしない。
静かなもんだ。
しばらくするとジューと音がしてきた。
それでも玉子さんは何とか目玉になってくれた。
1個目、完成。

2つ目。
水がダブダブ入っているフライパンに
再び油を入れる。
(油入れちゃうの)
で、玉子。
(あぁ×××)
私「あっ、玉子が水で泳いでるよ」
と言うけれどおかまいなし。
点火。
やはりしばらくしてジューっと音がしてくる。
2つ目完成。

この繰り返しの為
6個目を作るときの
水の量がすごい。

そこで初めて
子「水、捨ててくる」と言った。

(あー、やっと気づいてくれたか)

それにしても
このゆで目玉焼き。
どうなることかと思っていたけど、
7個完成。
なんとかなるものだ。
覚悟して食べたわりには美味しかった。

で、見守るのもタイヘン(笑)

ハイ状態の子供たちが
寝たのは深夜12:00だった。
こうしてバタバタ、ヒヤヒヤの
お泊り会が終わった。

ここから小学生が
飛ぶように早い。
顔も体つきも
小学生試用に変わってくる。
またさびしい時期が近づいてきたな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

えっ?(笑)

私はアスペンという名前の
メスの犬を飼っている。

ある日の会話。

子「ねーねー、アスペンのお父さん
  男?女?」

私「んん???
  オトコ…
  かな?」

いったいこれは何を聞きたかったのでしょうか。

わかる方いらっしゃいますか(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ指導者セミナー募集★

お知らせです。

昨年私が参加させて頂いた
日独青少年指導者セミナーの募集が
今年も始まりました。

ハードなセミナーでしたが、
今、思うととても為になった!と思います。
なにがよかったのかと言うと
ドイツの教育について色々知ることができた、
もありますが、
もしかしてそれよりも
私のアンテナが
「ドイツではこう」
「ではほかの国では?」
それを受けて
「日本では?」
と思いが広くなったということかと思います。

ご都合のつく方、お勧めします。

「こんなこと直接
 独立行政法人国立青少年教育振興機構へは聞けないわ」
という問い合わせでも何でも、
中島お受けします。

詳細アドレス↓
http://www.niye.go.jp/jigyo/annai.php#p2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

長靴

ピッコロの制服は
長袖・長靴・長ズボンと決まっている。
夏は特にへびがいる。
もし踏んで噛まれた時に
被害が最小限にすんでほしい、なので絶対長靴なのだ。

しかし今日履いてこなかった子がいた。
梅雨の最中乾かずに
今日は運動靴を着用。

子「K君散歩に行けないよ」
私「えっ、どうして」
子「だって、噛まれちゃうから」
私「あっ」

子ども達はピッコロの約束を
理由まできちんと理解している。

私「どうする?K君」
K君「だって、乾かなかったから」
私「あっ、乾かなかったのね」

子「乾かなくても我慢して履いてこないとだめだよ」
私「えっ、そうなの、我慢?」

そうか、子どもはいつも多少濡れていても
へびに噛まれるので
我慢しているのだ、すごい。

私「K君我慢するんだって」
K君「…」
   〜とうとう泣き出してしまった
私「どうしようか」

子「K君散歩に行けない」
子「我慢しないから」
子「車に取りに行けばいい」
子「もうお母さん、帰っちゃったからダメだよ」
子「K君だけ置いて行く」
子「見えないからだめ」
 
子どもたち全員が黙ってしまった。

私「どうしようか」

子ども達は早く散歩に出かけたい。

子「もう今日はしょうがないからそれ(運動靴)でいいよ」
という声も出る。

私「あぁいいね、それ(運動靴)で」
子「でもどうするの、噛まれたら」
私「あぁ,噛まれちゃうか」

相変わらず私は子ども達の言葉のオウム返し。
もしくは「困ったね」「どうしよう」。
考えるのは子ども達だ。

で、私の今日のシナリオとしては
ヘビは草むらや見えないところに隠れている事が多いので、
そういう場所には近づかずに
なるべく道(とされるところ)を歩く、
という物だった。
そんな考えが子ども達から出て欲しかった。


すると子どもが言ったのだ。

「そうだ!」

(うわっ、そろそろ?)

子「K君の両方につなげばいい!」

(両方?)

それはK君をはさんで
両脇に長靴を履いている子が手をつなぎ、
へびからK君を守る、
そういう事だった。
すごい。

私「それはいいね」

子どもはいつも私の上を行く。
完敗。

私が言い終わらないうちに
両脇にガチッと子どもが張り付いた。

しかもその1人は2歳(!)のHちゃんなのだ。
なんと。

私「Hちゃん、なんでK君と手をつないでるの?」
Hちゃん「だって泣いちゃってるから」

ただ何となくつないでいる訳ではない。
彼女はわかっているのだ。
その状況とK君の気持ちが。


出発時、年長さんがチェックする。

「K君(両脇に)つないでるね!」

途中、両脇がいなくなると
年長さんがまたもやチェック。

「つないでないよ〜!」

その頃にはK君は笑顔に。
          
           
心が揺れた結果、
みんなの想いを受け、
また安心して前に進める。
こんな経験をたくさんしてほしい。
心は揺れないと。
そして最後には優しさに包まれないと。

そこでなにかが育ってほしい。

人の立場に立つとか、
思いやりのある子にとか。
口では言うけれど、
そう簡単に育つものではない。

こんな場面の積み重ね。
これをピッコロっ子全員が見ている。
何でもない日々の保育に
その種はあるような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

小運動会

この時期に小運動会?
でもやったのだ。

なぜか子ども達が
ヨーイドンをしている、
で、散歩の途中で拾ったロープで
綱引きが始まっている。
これじゃぁ、運動会をやらないわけにはいかないでしょう。
秋じゃなくってもいいよね、
ということで小運動会。

競技は走り競走、借り物競走、綱引きの3種目。

なんてったって、
借り物競走がおもしろい。

ヨーイドン、
走ってきて白い紙をめくる、
そして私のところに持ってくる

女の子「なんて書いてある?」
私「"好きな男の子1人”だって!」
女の子「え〜!!」

男の子「これは?」
私「あっ"好きな女の子1人”って書いてある」
男の子「え〜!!」

本当は紙には何も書いてない。

次のチームもその次のチームも
やってもやっても
「好きな女の子1人」と「好きな男の子1人」ばかりが書いてある。

いつ子供たちから
「そればっかり〜!」とか
「本当は書いてないでしょう〜!」
と声が出るかと思っていたのに、
彼らはひたすら
「え〜!」と言って探し続けた。

子どもっておもしろ〜い。

借り物を探す様子は更におもしろい。
性格が出るのだ。

ダ〜!と好きな子に一直線に向かう子
選んだふりをして本命を連れて行く子
年中さんで、もう恥じらう感情が芽生えている子もいる

中には自分が好きな男の子が
“好きな女の子1人”を探している時に
「私じゃないの〜?」と
自分でアピールする女の子もいた(笑)

みていて本当に微笑ましかった。


しかしあと何年後なのだろう。
「この人と結婚したいの」
と他人を連れてくる日がくるのは…。

多分そんなに遠くはないのだろう。

だからこそ今を大切に、大切に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »