« ゆで目玉焼き | トップページ | かき氷で幸せだった »

2010年7月24日 (土)

越える時

お泊り会。
「泣くかも」と言っていたG君。
予定通りお母さんと離れる時に大泣きをした。
お母さんにしがみついて泣く。
当日は15:00登園。
何となく夕方チックになったピッコロに
耐えられなかったのだろう。

途中のカレー作りまで
お母さんが同行。
そこで決心がついた。
お母さんとギューをして離れる。
まぶたが腫れたその顔で
何かを決めた意志を感じた。

結局、泣いていたG君、
泣きそうだったHちゃん、Mちゃん
みんなそれぞれ2日間のプログラムをこなした。
お母さんを思い出すこともなく、
全員テンションはハイ状態だった。

翌朝G君が起きてすぐ、
寝ぼけまなこでつぶやいた。

「お泊り会できた」

私は涙がでそうになった。

あまりにも泣くので、
今回は連れて帰って頂いた方がいいのだろうか、
それとも無理して参加した方がいいのか、
その子の性格も考慮し、
今後の育ちも考慮し、
でもどうしたらいいのかなんて
誰にもわからない。
異例のお泊り会最中に
お母さんと保育スタッフと私で
3者会議までしたのだ。

結局半むりやり、半彼の意志を尊重。
そんな形でG君のお泊り会のスタートだった。


越えられそうでだめそうな壁、
でもがんばれば越えられそう、
その壁を越えたところに育ちがある。

G君は確実に越えた。
ちょっと大人が背中を押したけど、
自分の力でよじ登ったのだ。
よかった。
少しにやけた彼の顔を見ながら、
頭をグシャっとなでた。

年長組、ここから小学生にむけてが早い。
私は年長児がこの時期に
お泊り会をやる意味が
ここにあるような気がしている。
この経験がグッと心をのばすのだ。

帰りの会で全員が感想を言った。

G君「お母さんがもっと早く帰ればよかった」

なんと。

自宅でさぞかし心配してたであろう
お母さんが言った。

「人のせいにしないでよね〜」

でもその顔がキラッと嬉しそうだった。

|

« ゆで目玉焼き | トップページ | かき氷で幸せだった »

森のようちえんピッコロ」カテゴリの記事

コメント

最後のGくんの一言に笑いながらもウルッとしてしまいました。
お母さんもさぞかし心配だったでしょうが一気に気が抜けたでしょうね。
嬉しい肩透かしという感じ?

投稿: 山本 | 2010年7月24日 (土) 17時53分

そうですね、
お母さん、帰りの会に来ていまして、
その言葉を聞き、
ガクッときてました(笑)
そう来るとは!

ブログいつも見せて頂いています。
お忙しそうですね。
この暑さ、乗り切りましょうね、お互い。
ここは涼しい場所ですが、
野外仕事はあっついよー。

投稿: ピッコロ | 2010年7月24日 (土) 19時56分

今年の夏は不況の影響がじわじわ来ていて結構暇です。
野外仕事はこの時期大変ですよね。

投稿: 山本 | 2010年7月25日 (日) 23時08分

山本様

うわっ、暇なんですか。
いいことですね♫
(って違うか??)

日本人は働き過ぎなので
少しはのんびりいきたいですね。

投稿: ピッコロ | 2010年7月25日 (日) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/514565/35877365

この記事へのトラックバック一覧です: 越える時:

« ゆで目玉焼き | トップページ | かき氷で幸せだった »