« 花束 | トップページ | 北杜市に産婦人科を »

2010年8月 3日 (火)

ピンクのうさぎ

久しぶりに大きな本屋さんをのぞいた。
あるある幼児教育、保育関係の書籍が。
右端から食い入るように
背表紙を目で追った。

ずーっと横に移動しながら見ていたら、
4つ目の本棚から
突然雰囲気が違ってきた。

あれ。

どう違ってきたのかと言うと
色が全然違うのだ。
1歩さがって見てみると
3つ目の本棚までは
完璧にピンクと赤と黄色に囲まれている。
目がくらくらしてきた。
それに比べ4つ目の本棚からは
いたってシンプルな配色だった。

本の見出しを確認してみると
4つ目からは小学生を扱っている本が並んでいた。

なんと。


あ〜そうか、そうか。
乳幼児って
特に女子は
ピンクが大好きだからねー。
ピンクの魔力ともいうし…。

と、一瞬思ったけれど

違う、違う。

これを読むのは子どもではない。
幼児教育者、保育者、
レッキとした大人だ。
                  

先日小学館の保育雑誌の編集長さんが
ピッコロにいらして下さった時にも
その話がでた。

「どうして幼児教育はピンクのうさぎなのですか」
と。
(意味わかりますか)
                   

だいたい幼稚園教諭は
若くてかわいくて
「私、子どもが好きだから」と、
そんな雰囲気だ。

若くてもかわいくてもいいけれど、
政治、経済、世界のことも知り、
自立した大人でないと。

だから私は27歳で家を出た(遅いっ!)
自立した子に育てようとしているのに、
自分が自立してなくては
だめだと思ったからだ。
とりあえずそこから始めてみた。

                    
「子どもが好きだから」だけでは
全くやっていけない仕事だ。
大人としての価値観を問われ、
人間性をさらけ出され、
しかも瞬時に判断を求められる。
取りつくろったって
カッコつけたって、
子どもは本質を見抜く。
恐ろしくて落ち込むけど、
だからこそおもしろい、
(で、ちょっとしんどい(笑))

自分も含めて
もっともっと磨いていかないとね。
がんばるどー!

|

« 花束 | トップページ | 北杜市に産婦人科を »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/514565/36002975

この記事へのトラックバック一覧です: ピンクのうさぎ:

« 花束 | トップページ | 北杜市に産婦人科を »