« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

雪中運動会

雪はないのに雪中運動会。
1日中マイナスの気温の中、
総勢80名以上のご参加だった。
             

ピッコロ恒例の借り物競走。
4歳のMDちゃんのお題は

「好きな男の子」

さぁ、困った。
あとの2人は難なく借り物を借りてゴール。
MDちゃんの動きが止まった。
まだ年少組だ。
誰を連れて行っていいのか、
どうしたらいいのかわからない。

こんな時、
普通は大人が飛んでいって
「一緒に探そうか」や
「好きな男の子は誰?」と
手を差し伸べる。

しかし私はひと言、
「困ったね」
と言った。
そして子どもたちに問いかける。

「MDちゃん、困っているね」

すると子どもたちがMDちゃんを見て
口々に言う。

「誰でもいいんだよ」
「がんばれー」

それでもMDちゃんが動かない。
そして
「お母さんがいい」と言った。

私「MDちゃんはお母さんがいいのだって」

子どもたち「だってお母さんは女の子だよ」

優しい子ども達もここは譲れない。
譲っていいことと、いけないことが
わかっているのだ。


すると6さいのKK君が
急にMDちゃんから1mの場所に動いた。
そして斜めに立ち、手をあげたりして
カッコをつけている。

「僕を借りて行っていいよ」

という事だ。

場内爆笑。
            


しかし残念ながら
MDちゃんは動かない。
                 


すると今度は4歳のKY君が
MDちゃんの近くに来て言った。

「僕でもいいよ」

立候補。

しかしまだ動かない。

私は子ども達に
また「困ったね」と言った。

すると今度は
先程の4歳のKY君が
MDちゃんの手を取った。
こうなったら自分から借りられて
ゴールしようと言う事だ。

そばでカッコつけていたKK君は
せっかくカッコつけているのに
置いていかれちゃうのか…
と思ったら
KK君もMDちゃんの手を取った。

私はMDちゃんは
お母さんでないと
動かないだろうと思っていた。
そのMDちゃんが歩き出した。
2人の思いで
動いたと感じた。

MDちゃん、両手に男子でゴール。
                  


なんとも優しい男子たちだ。
MDちゃんが自分たちを
連れて行きやすいような配慮。
しかもそのやり方が
ユニークだ。
そしていつもは手を差し伸べる女子が
今日は1人も来ない。
                

もしここで大人が何とかしようとする。
するとこの事態は
子どもたちにとっては人ごとになる。
友が困っているのに
それは大人が何とかすることだと思う。

友に心を寄せる大人になってほしい。
いつでも困った人に
自分のことのように接することができる、
そんな大人になってほしい。
それが優しいということだ。


それにはまず子どもたちに
目の前のことに
関心を持って頂かないと。
そして自分の力で
何とかしてあげたいと思って頂かないと。

だから大人は見守る。

するといつでも裏切らないのが子どもたちだ。
解決する力を
絶対に持っている。

                      
借り物競走では
借り物を借りてきてゴールすることが
目的ではない。
それに伴って色々な事が起きる。
それをみんなで越えていく。
そこに願いがある。


今日の借り物競走は完璧だ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月28日 (金)

笑うと。

毎日寒い。
子どもも寒い。

私「寒いね」
MKちゃん(5歳)「寒い時は笑うんだよ」
私「えっ、笑うの。」
MKちゃん「そう」

と言って彼女は
天をあおいでワッハッハと笑い始めた。

そっか、と思い、
私も天をあおいでワッハッハとやってみた。

何となくはずかしい。

しかし彼女は何度も
ワッハッハをやっている。

私も再度やってみた。
さっきより恥ずかしくない。
そして見事な青空が私の目に入ってきた。
きれいだ。

その様子を見ていたTY君(4歳)が

「そうだよ!笑うと元気になるんだよ!」

と言って
ワッハッハをやった。

3人でまたワッハッハ。

                        

そうか、
子どもたちは毎日
こんな事を考えながら生きているのだ。

寒い
元気がない

そんな時は笑う。
笑いを使う。
彼らは生きる術を知っている。

子どもはどこまで深く、スゴイのか。


笑う門には福キタル。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月21日 (金)

古井戸をめぐって驚いたこと

ピッコロの駐車場の奥に
古い井戸があることが
最近わかった。

ふさいであるので
よく見えない。

昨日、子どもたちとミーティングをした。

私「駐車場の奥に古い井戸があることがわかりました。
  井戸の上には草や木がはえているので
  どこにあるか見えません。
  なので(駐車場の)奥には絶対に入ってはいけません。
  もし井戸に落ちてしまうと」

子「出られない」

子「お母さんに会えない」
                 

私「もし赤ちゃんが入りそうになったら」

子「だっこして連れてくる」

私「お母さんたちにも井戸の事を教えてあげてくださいね」

子ども達は真剣な顔で聞いていた。

                    


すると今朝、5歳のMKちゃんが

「Aちゃんに井戸の事、
 言っといたから」

と急に言った。

一瞬、ん?と思ったが
よく考えたら
Aちゃんは昨日ピッコロをお休みした子だった。
              

なんと。
                  

お休みしていた子は
昨日の古井戸の話しを聞いていないので
登園してすぐに注意事項を伝えた
という事だった。
                   

ものすごく気がきく。
               
         
これだけでもびっくりするのに
更にすごいことがあった。
                


古井戸の話しは
全員に浸透させないといけない。

昨日お休みしたAちゃんにも
私から朝の会で
もう一度話そうと思っていた。
しかし、今朝、MKちゃんも伝えていた。
私はどうしようかと思った。
2人とも5歳だ。
全容が伝わっているはずがない。

そこで試した。
                     

私「Aちゃん、今朝、井戸の話しを
  MKちゃんから聞いたの?」
 
Aちゃん「うん」

私「どんな話しだった?」

Aちゃん「あのね、朝、“来て”って呼ばれたの」
 
私「で?」

Aちゃん「駐車場の奥の柿の木のところに、井戸があるって言った」

私「で?」

Aちゃん「草が生えていてみえないの」

私「で?」
                   

Aちゃんはどんどん話していく。

「子どもは行っちゃいけない」

私(へぇ)

「入ったらお母さんに会えないの」

私(なんと)

「赤ちゃんが行ったら抱っこして連れてきてあげる」

私(うわっ)

「お母さんにも話す」

私(そんなことまで。)                         
                         

私はどんどんトリハダが立っていった。
昨日話した通りに
伝わっている。

これは5歳の子が5歳の子に伝えた話しだ。
しかも体験したことではない。
私がただ言葉で話したことを
再び伝えただけなのだ。

しかも1日たっている。
私が子どもたちに話したのは
昨日だ。

で、大人が伝言をお願いしたのでも
何でもない。
MKちゃんが自分で話さなくちゃと感じ、
5歳の自分の言葉で話した。
それが私が話した内容と
全く合致しているのだ。

で、5歳の子の言葉を聞いて
Aちゃん(5歳)が
これをここまで理解した。
もう伝言ゲームの能力だけではない。
言葉の力を越えた
想像力や考える力の問題だ。


最後に私はこう聞いた。

私「それで、Aちゃんは話しを聞いて
  どう思ったの」

Aちゃん「(駐車場の奥には)入らないと思った」
                           

  

心が揺さぶられ過ぎて、
崩れそうになった。
その場にいた大人が
全員大きく息をのんだ。                      

完璧だった。
彼女たちに大人はいらなかった。

                         

危ないことを
友に伝える。
友は危険を避けようと思う。
                   
そんな単純な事だが
こんな5歳児はいない。
この子たち
年中組なのだ。
もう1年ピッコロに通う。
                 

大人は先回りして
余計な事を言い過ぎる。
子どもたちには
考える権利も
失敗する権利もあるはずだ。

子ども時間の
子どもの世界で
子どもはどんどん輝いていく。

     


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

森を歩く時

100_0356_convert_20110120182938

毎日、寒い森を
顔を真っ赤にして歩く。

今日も3歳HNちゃんと5歳MMちゃんが
手をつないで歩いていた。

冬の森は滑る。
凍っていなくても
枯れ葉が滑る。
普通に歩いていても滑る。

登ろうとすると
ズルッ。

その2人がゲラゲラ笑う。

また1歩登る。

ズルッ。

ゲラゲラ。

MMちゃん「滑っちゃうから手をつないでよー」

私と手をつなぐ。
それでも滑る。

ズルッ。
これはもうすでに自ら滑っている。

私「もう2人とも酔っぱらいなんだからー」
子「えー!酔っぱらいー!」

ゲラゲラ ゲラー。

もうとまらない。
滑りもとまらない。

2人が起きては滑り
滑っては転がっていく。

メチャクチャなのだ。


しかし彼女たちの顔は
まぶしい。

                

ただ森を歩くというだけのことだ。
友と手をつないで歩く、
ただそれだけなのに
なにがそんなに楽しいのか、と思う。
しかしそこには幸せが詰まっている。


何もない
本当に何もない冬枯れの森で
まぶしい幸せがたくさんある。

豊かさとはこういうことなのかもしれない。


ただただこの瞬間に
この子たちと一緒にいられることが嬉しい。
私の感性がふるえる瞬間だ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月17日 (月)

いちご

ピッコロでは
その子の誕生日に
その子だけの誕生会をやることにしている。

そして当日は、
誕生児の好きなおやつが食べられる。
チョコ、クッキー、カニパン。
色々だ。

今日のMちゃん(5歳)のおやつリクエストは
いちごだったそうだ。

Photo

そう、人ごとのような発言。

ピッコロ4年目で
本日、初めて休んでしまったのだ。
体調不良。
私としてはちょっとショックだった。
今後の色々な事を
考えなくてはならないのかと感じた。

で、休んだ私のもとに
何故このいちごがあるのか。
           

いちごは2パック買ったそうだ。
で、8個余った。

保育スタッフが子どもたちに
聞いた。

「どうしようか」
「2個、先生にとっておく」

子どもたちが言ったらしい。

普段、子どもは1個。
大人も1個。
誕生児だけが
2個食べられるというルールになっている。

その私に今日は「2個」なのだ。

子どもたちの気持ちが伝わってくる。
嬉しい。
せつない。
体調を崩したことが
申し訳けない。


で、これだけでは
我が家にこのいちごはない。
帰りに保育スタッフ3人が
立ち寄ってくれたのだ。

「これは届けない訳にいかないと思いました」

なんと。

ピッコロではここまで
子どもたちの気持ちを大事に想う
スタッフがいる。
裏切らない、ごまかさない。
にごっていない。

そして私の事も
ここまで心配してくれる。


体調は自己管理です。
申し訳けない思いでいっぱいだが、
そんなことを言う人は
誰もいない。


                  

「7歳までは気で育つ」

それは優しいとか思いやるとか
そんなこととは違う。
気持ちではなく気。

大人が発する気で育つ。
いい気、にごっていない気。
今が楽しい、
生きてて嬉しい。

だから難しいのだ。

そこに自分を近づけようとするのが
一番えらい。
             


にごっていない大人はいない。

しかし私よりもずっと清い
スタッフ、
ピッコロ母を
大事にしようと思った。

多謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月14日 (金)

スタッフブログ更新しました〜★

子どもたちとキラキラ毎日

http://mugihause.exblog.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

スタッフブログ

あけましておめでとうございます。

寒いですね。
ただ今の我が家の外気温、
マイナス12℃ですって。
おぉ、寒い。

さぁてと
そろそろ弁当が凍る季節になりました(汗涙
体調に気をつけて
今年もよろしくお願いします。

森の神様よろしくお願いします。

それで年頭早々、ニュースです。
ピッコロスタッフブログができそうです。
まだ仮運転だそうですが。

とりいそぎ、ご案内を。

子どもたちとキラキラ★
http://mugihause.exblog.jp/

森のピッコロだよりともども
よろしくお願いします!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »