« 古井戸をめぐって驚いたこと | トップページ | 雪中運動会 »

2011年1月28日 (金)

笑うと。

毎日寒い。
子どもも寒い。

私「寒いね」
MKちゃん(5歳)「寒い時は笑うんだよ」
私「えっ、笑うの。」
MKちゃん「そう」

と言って彼女は
天をあおいでワッハッハと笑い始めた。

そっか、と思い、
私も天をあおいでワッハッハとやってみた。

何となくはずかしい。

しかし彼女は何度も
ワッハッハをやっている。

私も再度やってみた。
さっきより恥ずかしくない。
そして見事な青空が私の目に入ってきた。
きれいだ。

その様子を見ていたTY君(4歳)が

「そうだよ!笑うと元気になるんだよ!」

と言って
ワッハッハをやった。

3人でまたワッハッハ。

                        

そうか、
子どもたちは毎日
こんな事を考えながら生きているのだ。

寒い
元気がない

そんな時は笑う。
笑いを使う。
彼らは生きる術を知っている。

子どもはどこまで深く、スゴイのか。


笑う門には福キタル。


|

« 古井戸をめぐって驚いたこと | トップページ | 雪中運動会 »

森のようちえんピッコロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/514565/38647560

この記事へのトラックバック一覧です: 笑うと。:

« 古井戸をめぐって驚いたこと | トップページ | 雪中運動会 »