« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月12日 (土)

テレビごっこ

森で2人の年長男子が
戦いごっこを始めた。
さすが年長組、いい力加減。
安心して見ていられる。

その2人のそばに
3m程の倒木があった。

倒木のこちらにいた子どもたち。

「あっ、テレビが始まった」

倒木のあちらがテレビ、
こちらがお茶の間というわけだ。
ヒーローものの番組の始まり始まり。

途中でヒーローが
笹の葉で作った
三角飴ちゃんをくれた。

子「キャー!テレビから飴が出たー!」

ゲラゲラ!
キャーキャ−!

お茶の間の子どもたちは
枯れ葉にぶっ倒れる。
                

ヒーロー番組をさんざん応援したあと、
お茶の間Y君(5歳)が言った。

「チャンネルかえてよ、5チャンに」

すると20㎝程の小枝が出てきた。

K君(4歳)「これこれ」
リモコンらしい。(こんなリモコン?!?!)

リモコンの操作はみみちゃん。

みみちゃん「ねーねー、5チャンネルってどこ」

どこでも押せばいいと思うのだが(笑)
助っ人登場。

Mちゃん(5歳)「えーと、1、2、3…」

と小枝の小さなフシを
何度も数えている。

Mちゃん「ここ、ここ」
みみちゃん5番を押す。
ピッ。

すると突然、今まで戦っていたヒーローが
踊るEXILEに変わった。

お茶の間、大爆笑。
またひっくり返って
全身枯れ葉だらけ。
             


次は7チャンネル。

何だと思いますか。
              

「オサムライさん」

EXILEは刀を持ったサムライになった。

お茶の間またもや
爆笑そして応援。

間延びしてきた頃
私が言った。

「大人のテレビも観たいなー」

みみちゃん、リモコン。
ピッ。

すると、サムライがまじめな顔で座った。

「ニュースをお知らせします。
 今日、火事が置きました…」

お茶の間がはじけた。

            

お茶の間の背後には
凍った小川があった。
冬遊び。
せっかくだったら冬しか遊べない
小川の氷で遊んでほしい、
ふとそう思うが
それは大人の
単なるつまらない指導計画でしかない。
子どもたちはこの冬、
氷で遊び尽くしたのだ。

それよりも今ここで。
こうやってみんなでテレビを囲んでの
お茶の間ごっこ。
この意味は言葉では表しにくい。
指導計画に書くことも難しい。

子どもたちのはじけそうな
笑顔の裏に
その意味があるような気がした。
これでいい。
               

               
私も枯れ葉まみれ。
笑った、ぶっ倒れた。

こんなに素敵なことが
世の中にあるのかと思った。

そこにある物は
笹の葉と小枝と倒木。
こんなシンプルなもので
子どもたちはこれほど
遊び込み、笑い込む。
そこは創造力の世界だけだった。

子どもたちの
全身枯れ葉だらけの顔。
それは目頭が熱くなる程にいい、
綺麗だと思う。
                 

1年かけて作ったこの集団も
あと少しで終わりになる。
一生のうちであと何度、
この子と手をつなげるのだろう。
そう思いながら、
冬の保育が続く。

どうか一生、
この子たちが
笑って生きていけますように。
                 
               


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

力を合わせる

寒い。
ピッコロでは弁当のごはんが凍る(!)

この時期
保温弁当箱は大活躍。
でもこの弁当箱、ふたがいつも開かない。
ピチッと密封されているので
開けにくいのだ。

誰かが「開かない」というと
誰かがそれを預かる。

そして開けられそうな子のところへ持っていく。

「開けて」

開かない

次に開けられそうな子のところへ持っていく。

「開けて」

開かない

すると私のところへ持ってくる。

「下、持ってて」

私は弁当箱の本体を持たされる。
開けてとは言われない。
子どもがふたを回す。(回旋式のふた)

開かない。

子どもが「誰か」と言うと
誰かが来る。
2人で回す。
開かない。
気がつくと4人くらい
子どもが回りにいた。

子「よし!みんなで」

小さい弁当箱のふたに
どうして4人分の手が
おさまるのだろうと思うのだが、
収まるのだ。

力を入れる。

顔が紅潮する。

んんーーー。
(この時だけ、わからないように加勢する)

                 


開いた!!!!

                    

最初の「開かない」から
「開いた!」まで、
10分間くらい。
大人が開けてしまえば1秒くらい。


子「みんなでやるとできるね!!!」


子ども達はスキップしながら
自分の席にもどった。


ヨッシャ。


                   
「みんなで力を合わせましょう」
という道徳の授業をしなくても
特別な行事で
力を合わせる経験をしなくても
生活の中で感じる気づき。


その感覚は頭でなく、
体に染み込んでいく。
                

森で何かを引っ張る時、
子ども達は誰が言う訳でもなく、
サッと“大きなかぶ”状態になる。
染み込んだ力。
        


協調性の芽は
普段の生活の中にあると思う。

そして保育は
保育者の手のひらの上に
あるべきものだと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 3日 (木)

NHKラジオ放送

ご連絡です。

NHKラジオの取材がありました。

放送日は2月11日(金)です。
テーマ「森のようちえんの現状と今後の展望などについて」

放送は30分番組の中の10分程です。
アッという間でしょうね。

18言語、全世界に向けて発信されるそうです。

どんな風に編集されているのか
ドキドキします。

取り急ぎ↓


●番組概要●

海外向け:「ラジオ日本」 
      18言語で、全世界のリスナーに向けて発信されます(短波放送)
国内向け:「Japan and World Update」 
      ラジオ第2の英語のニュース番組 (月ー金、14:00~14:30)
内容予定;森のようちえんの現状と今後の展望などについて。
放送予定:いずれも 2月11日(金)

放送は下記HPでもお聴き頂けます。
その他、詳細もHPでご参照頂けます。
 http://www.nhk.or.jp/nhkworld/english/radio/program/index.html


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »