« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月30日 (月)

謝るとき

あっ君(年中組)と
はなさん(年少組)が弁当の時間に
けんかになった。

私が見た時は
はなさんが
「いやだいやだ」
と言って
あっ君を2回たたいていた。
するとあっ君が
はなさんを蹴った。
それではなさんが泣いた。

進級したばかりの2人のけんか。
訳を聞いても
小さすぎて何を言っているのか
よくわからない。

よーよーよーく聞いてみると
こうだった。

                   


昼食中に
レジャーシートに置いてあった
はなさんの弁当に砂が入った。
あっ君が砂を蹴ったらしい。

あっ君はこうだ。
はなさんの近くに立っていたら
後ろから
友達に押されて
砂を蹴ってしまったらしい。

なのでどちらも譲らない。

「だってあっ君が砂を入れたから!!!」

「だって、押されたのだから仕方ない!!!」
                   

こういう時ってどうしますか。


押されちゃったので
仕方がなかった旨を伝えても
はなさんの怒りはおさまらないし、
あっ君には
押されたのはわかるけれど
目の前に
砂が入ったことに
頭に来ている友がいる
ということを伝えても
納得しない。

2人ともイカッテいるのだ。
               

ややしばらく話していたが
おさまらないので、
私は退席した。

私「じゃあ、あとは2人で何とかできる?
  私、ちょっと片付けてくるから」
           
、、、、、、。
何とかできるわけない。
こんな小さな子たちなのに。

確信はまったくなかった。
しかし、これは
勘としかいいようがない。

そうしたかった。
              
             

私はそばで
弁当を片付けるふりをして、
背中で彼らの状況を伺っていた。

2人とも途中だった弁当を
食べ始めた。
私が退席したので
ラッキー!と
普段の2人に戻るかと思ったら、
2人ともだまって食べている。

こんなに小さな子どもたちだ。
絶対に食べている間に
けんかのことは忘れる、
はしゃぎだす、
と思っていた。

しかし、なかった。
静かなままだ。

お互い向き合いながら
微妙に目を合わさずに
神妙な顔をして
食べている。


何かを感じているのだ。

           

いつまで待っても
そのままのようだったので、
ここは大人の出番。

私はすっとぼけて

私「あー、もう仲直りしたんだ!」

と明るい声で言ってみた。

こんなしんみりしている彼らに
「仲直りしたんだ!」
はないよなー、
と思いながら
そこには私の願いがあった。

仲直りしてほしい。
そして
“私はまったくあなたたちに
 関与していません”
というメッセージでもあった。
            

するとそばにいた年長組が
「もうごめんねしたらー?」
と言った。

彼らもそれぞれ友達と
楽しそうに食べているのに、
どこかで
この2人のことを見ていたのだ。

私は年長さんが言ったことを
繰り返した。

私「ごめんねしたらだって、どうしようか」

まだ静かだったので、
私はまた知らん顔を貫いた。
背中で様子を伺った。
              


するとややしばらくして

突然、

あっ君が言った。
            

「ごめんね」

(うわっ!言った!)

息がとまった。
        
                

するとはなさんも言った。

「ごめんね」

しかしその声がとても小さい。
そしてあっ君の方をむいていないので、
あっ君に聞こえていない。

(はなさん、おしい! 聞こえてないよ)

と思った瞬間に
はなさんがまた言った。
今度はあっ君の腕を持って、
ハッキリと。

「ごめんね」

(よっしゃ! 言った!)

1人で感動していたら

今度はあっ君が
これまでピッコロでは
全く聞いたことがなかったような
ものすごく優しい声で
はなさんに言った。

「あのね、僕はね、押されたからね 
 仕方なかったのだよ。
 わかったね、はなちゃん」

なんて愛のあるいい方。

はなさんも素直に

「うん」

と言った。

私はすでにウルウルしている。
2人だけで解決したのだ、
この小さい子たちが。
          

しかし
ウルウルしっぱなしでもいられないか。

次は私の出番。

私「どうしたー?」(しらじらしい)

2人「謝った」

2人を抱いた。
褒めた。
彼らはものすごーく
いい顔をしていた。

キラキラだった。

             


しかし次の瞬間
私に疑問がでてきた。

「なんでごめんねなんだ?」

押されたから仕方ない
と言っていたのに。
はなさんは砂が入ってしまった本人なのに。
あの場を何とかしようと
ごめんねの言葉を使ったのか、
しかしやたらと
ごめんねを言えばいい
というものでもないし、、、。
                               


私「あのさ、
  あっ君はなんでごめんねしたの」

あっ君「蹴っちゃったから」
        

あーーー、
そうか、
蹴ったからか。
                 


でははなさんは

私「なんではなさんはごめんねなの」

はなさん「たたいたから」

あーーーー、
確かにたたいてたわ。
            

彼らは
なぜがわからず
取りあえず謝った訳では
全然なかった。
              


私は限界だった。
           
こんなに小さな子が
しかも2人だけで
解決したのだ。
大人がいてもいなくても
彼らは心のひっかかりを
ごまかさなかった。

自分がしたこと
相手が感じたこと
どうすればよかったのか。
それらを全部を感じていた。

まだ3歳と4歳だ。


心は育っている。
そして絆も育っている。
         

心を脇に置かずに、
とりあえずの人生は
もっとあとからでいい。

自分の心を
いやと言うほど
深く感じて
生きてほしい。

この時期だから、

そしてできれば
ずっとがいい。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月29日 (日)

はじめのいっぽパレード

家でひとりで
「原発だめだめ」と思っていても
ストレスがたまるもの。
同じ思いの人と
街にでませんか。

子どもに残す社会は
大人にしか作れません。

*******************************************************************
日 に ち   2011年6月11日
集合場所    長坂駅前(山梨県北杜市)
スケジュール  AM10:00集合
            ↓
        パレード(きらら方面)
            ↓
       12:00 長坂まちなか公園(車座で話し)
         *ここだけの参加も可能です。

持 ち 物 水、伝えたいこと、こころ

★雨天決行 約8キロ程歩きます
☆何もできない私だからと立ち止まるのではなく、小さな力しかない私でもと、
 想いを言葉にしてはじめの一歩を踏み出しましょう。
★踏み出そう!!その一歩が世界を変える...
☆ここから始まる新しいくらし。原発のない新しい未来のために私たちが今できること。

6.11脱原発100万人アクション *6月11日は世界的にアクションをおこす日だそうです。
<主催>4月3日の広場
<問い合わせ>090-4009-6811(イナミ)、0551-36-4789(蔵屋)

****************************************************************
更にこの日
午後から甲府でもデモがあります。
元気な方は引き続き、、、!

***********************************************************
「さよなら原発大行進」

もう原子力に頼るのはやめましょう!
6月11日全国脱原発行動の一環として以下のとおり
甲府でデモを行う事にしました。
プラカードなどご持参下さい。
(多くの方々のご参加お願いします)

2011年6月11日  14:15集合(甲府駅南口 信玄公像前)
甲府駅→平和通り→東京電力山梨支店
主催 「みどり・山梨」  055-252-0288(川村)

**********************************************************

さぁ、ダブルヘッダー
挑戦するかな。
楽器やプラカード
アスペン(愛犬)も脱原発です。


    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月27日 (金)

理解不能

不思議なことがある。

ピッコロでは朝の会を
ビニールハウスで行うことが多い。

「お名前呼ぶよー」
と私が言うと
子どもたちが集まってくる。

それも声を張り上げて
「お名前呼びますヨーーー!」
と、広い園庭中に叫ばなくても
子どもたちは集まってくるのだ。

その辺の子どもたちに
「そろそろお名前呼ぼうか、、」
とつぶやくと
なぜか集まる。
いつのまにか、全員がそろっている。

私につぶやかれた子が
向こうの方で遊んでいる子を
呼びにいくこともある。
その気配を感じて
遠くの子どもたちが何も言わなくても
帰ってくる。
子どもたちが呼んでくること
という決まりも作っていない。
しかも5月。

不思議な光景だ。
                 


しかし最近は更に不思議なのだ。

10時頃を目安に
朝の会をするのだが、
15分前には子どもたちが
すでにビニールハウスに集まっている。

しかも全員がいすを丸く置いて
座って世間話しをしたり、
替え歌を歌い爆笑したりして
なごやかに待っているのだ。
私は何も言っていない。
これは1日や2日ではないのだ。
ここのところずっとだった。

私はビニールハウスに集まった
子どもたちのところへ
最後に入る。
小学校のようだ。

そのうち
「朝の会終りました」
と子どもたちに報告されたらどうしよう
と心配している(笑)。


                   

それで私はどうしても
このことが不思議だった。

だって子どもと言うのは
座っているより
自由に遊んでいた方が
嬉しいものだと思っているから。

大人から言われないと
朝の会の為に
座るという行為を自らやるわけないと
理解しているから。
         

そこで聞いてみた。

私「どうして私が“お名前呼ぶよー”と言わないのに
  座っているのかな」

まず、私の左側に座っている子にそっと尋ねた。

子「だって楽しいから」
          

たのしいーーー?!?!

こんな替え歌と世間話しがーーー?!?!
            

何かの間違えだと思い、
気を取り直して
今度は右側に座っていた子に
またもやこっそりと聞いてみた。

私「どうして何も言われないのに
  座ってるのかな」

子「楽しいからだよねー!」

その隣の子と「ねー!」。
嬉しそうに合意している。
         


た、楽しいのーーー!?!
        

なんでーーーー!!!!
      

座っているのがーーーーー!!!!


???????????


怒られるという強制でもなく、
褒められるという管理下にもない。
確かに世間話しも替え歌も
その顔たちははじけているのだが、、、、。
           
           


わからない。
わからなすぎる。
私の中の子供感が
ぐらぐら崩れていく。


それがピッコロっ子だ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月26日 (木)

わたがし

朝の会、
天気の話しをするとき
いつも子どもたちと
空を見るようにしています。

最近のはやりは
もっぱら
“空のわたがしをどうやったら
 食べるられるか”。

子「電線に長いはしごをかけて
  1人ずつそれに登って食べに行こう」

私「いいね、そうしよう!」

Aちゃん(5歳)「私、明日わりばし持ってくる」

翌日、Aちゃんは本当に
「みんなの分」と言って
わりばしを10膳持ってきました。

今日の朝の会の話題もわたがし。

子「食べたいなー」

子「飛行機に乗って食べよう!」

子「窓が開かないよ」

子「ロケット」

子「ロケットはこわい」

(なんで?)

子「そうだ、ドラゴンを呼ぼう」

(ドラゴン?!?
 これに乗る方がよっぽど怖いと思うけど(笑))

誰が音頭をとったわけでもないのに、
全員で一斉に空に向かって叫びました。

「ドラゴーーーーン!!」
    

来ません。

再び“セーノ”がなくてもそろいます。

「ドラゴーーーーン!!!」

                

来ません。

子「もっと大きい声で」

「ドラゴーーーーーーーーーーーン!!!」
                


絶対来ません。


                


子「ドラゴンは外国にいるんだよ」

私「え、、外国」

子「じゃ、もっと大きい声で」

「ドラゴーーーーーーーーン!!!」

来ません。


子「外国にいるのなら、外国語?」

私「ドラゴンって英語でなんていうの?」

子「ドラゴンパーツ」(でたらめ)

「ドラゴンパーーーツーーーー!!!」

来ません。
              

ドラゴンと叫ぶことに
あまりにも夢中になっていたので、
心配になりました。

私「あれ?今なんで
  ドラゴンを呼んでいるのだっけ」

子「わたがし食べるから」
(あ、忘れていません(笑))


               

次、
ドラゴンはなかなか来ませんので、
人に頼らず
自分たちの力で。

子「そうだ、マントで飛ぼう!」

子「レジャーシート(ピッコロ必需品)を巻いて!」

(レジャーシートを首に巻く自分を想像する)

子「マントは首に結べない」

子「じゃあ、洗濯バサミで(とめよう)」

子「洗濯バサミは痛い」(首が?)


話しは永遠に続きそうでした。
どれだけ食いしん坊(?)なのでしょうか、
ピッコロっ子。


お弁当を食べ終った頃
ぜんちゃんが私に言いました。

ぜんちゃん「ドラゴン来た!」

私「え?来た?」

ぜんちゃん「外国だから」

海外から来たので
さぞかし時間がかかったことでしょう。

そして確かに彼には
ドラゴンの声が聞こえたのでしょう。
             
             
           

こんな感性どうですか。

こういう本気のおかしな話合い、
一生に何度できますか。

「空の雲なんて食べられるわけないじゃん!」
という子がひとりもいない社会は
いかがでしょうか。

私はその空気の中にいて
生きていることが
幸せだと感じました。

そんな力がピッコロっ子にはあります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »