« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

シソジュースを飲んだ。

ピッコロでシソジュースを飲んだ。
大きなポットに入れて
机に置く。

すると子どもたちが
手に手に台所から
コップを持ってきて
各自注ぐ。

私は
「最初○○組さん」
「次は○○組さん」
と子どもたちを
順番に呼ばないことにしている。
当然、机には殺到することになる。

しかし、ほんの少し待っていると
子どもたちが自ら
次々と列を作るのだ、
不思議なことに。
私はピッコロで
「並んで」と言ったことがない。

今は1学期、
おばけ組(年少組)は
当然並ぶということを知らない。
彼らがどうするかと言うと
注いでいる人の横で
その子が終わると
次ぎに注ごうとする。

そこで私の出番。

Aちゃんの次に
注ごうとする大ちゃんに、

私「大ちゃんごめんね。
  次はBちゃんなの」

大ちゃん、残念な顔。

Bちゃんが注ぎ終ったので
次に注ごうとする大ちゃんに

私「大ちゃん、次はCちゃんなんだよね、、、。」(ごーめん)

大ちゃんまたもやがっかり。

Cちゃんの次はDちゃん、
次はEちゃん。

次々と大ちゃんの目の前で
注ぐ人が変わっていく。

しかし自分のコップには
なかなか入れられない。

あれ。

ずっとここにいても
シソジュースは飲めないのだ(!)。


で、
どうするのかと見ていると


動き出した、、、、(!)


スー、


トコトコトコ、、、、。
              

なんと、列の一番後ろに
並び始めたのだ(!)
                


(すごいでしょ、子どもって)

(ついでにトリハダだけど、、、、、)


大人の「並びましょう」の言葉がなくても
必要性を感じれば
子どもは自ら並べるのだ。
必要性を感じさせるのが
私の仕事だ。

自ら動いて並んだ子どもは
次回に並ぶことを忘れない。
なぜ並ぶのかも知っていて
並ばないとどうなるかも知っている。

並ぶということ
1つをとっても
そこに保育士の願いがこめられている。

大人に指図される前に
自ら動く子になってほしい。
自分の生活を
自分で作れる人になってほしい。


ピッコロの
子どもを信じて待つ保育は
ただただ見守っている保育とは違う。
その場をどうしたいのか
保育士がシナリオを作り、
大人の手のひらの上にのせるのだ、
その子への願いとともに。

「並んで」
という言葉を送るより
もっと大事なことがある。
                  
              

私はずっと
こんな保育をやってみたかった。

子どもはどんな存在なのかを
知りたかったのだ。


通常の幼稚園でも
やってはいたが、
何かが邪魔をした。
それは時間であり、
保育方針だった。


子どもの可能性は
思った以上に
大きい、
深い、
優しい。


そこを感じるのが
ピッコロであり、
もしかしたら、
私が産まれてきた
理由なのかもしれない、
と最近は思うことがある。

(オオゲサダケド、、、、(汗  )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月28日 (木)

テレパシー

保育スタッフミーティングの時
スタッフの子どもYちゃん(0歳)が
蜂にさされてしまった。

危険なことなので
今日の朝の会で
ピッコロっ子に伝えたかった。

私「昨日Yちゃんが蜂に
  刺されてしまいました。
  Yちゃん、どうしてさされちゃったのかな」
と私は
0歳のYちゃんにふった。

抱っこしていたスタッフの方が
話してくれるかと思ったが
黙っていた。
どうしようかと思ったら、
子どもたちが
「Yちゃんはまだ話せないよ」
と言った。

私が「そうだね」
というと
Aちゃんが
「私、聞いてくる」
と言った。

(え、、
 聞いてくる、、、
 誰に、、、、、)


すると数名の子が
Yちゃんの回りに集まり
Yちゃんと何か話している。

しばらくすると
「わかった!」
と言って
それぞれが椅子に戻った。

私「Yちゃん、なんて言ってたの?」

子どもたちがこの状況を
どのように解釈しているのか
とても楽しみだった。
どんな想像の世界が
繰り広げられているのだろう。


私「Yちゃんはなんて言ってたの?」

Aちゃん「あのね、
     黒い虫かと思って蜂に触ったら
     刺されちゃったのだって。」

           

、、、、、まさか。

、、、、、、あってる。
                 
            

私「Aちゃん、な、なんで
  そんなことわかったの?」

Aちゃん「だって、Yちゃんが
     私のほっぺを
     パーで触ったから」


          

(え、、、、)

                   

(それだけで、、、、、)


子どもはすごいと思っているけれど
更にトリハダものだった。

わかるのだ。

0歳の言いたいことが。


え、、、
そうすると
まさか
0歳さんも
何か言ったのか。
                 


ふはー!!!

まるでわからない。
              
                 

テレパシー?
第6感?
以心伝心?

そんなのどうでもいい。

とにかくすごいのだから。

(驚)!!!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月25日 (月)

お泊り保育の買物で。

明日のお泊り保育の買い物に
近くのスーパーへ出かけた。
年長組、9名。
特別感と明日への期待。
みんなウキウキしている。


買う物は
夕食のカレールー6箱と
朝食の冷やし中華麺。

前日に買い物ミーティング。

私「スーパーには
  ほかのお客様もたくさんいるので
  迷惑にならないようにね。
  で、
  迷惑ってどういうことかな。」
子「走らない」
子「うるさくしない」
子「きたなくしない」

(きたなくしない?)

子「私、くつ持ってくる」

(そうか、ピッコロっ子の長靴
 いつも泥だらけだものね)
 
子「着替えも」

(あー、洋服もいつも泥だらけ)

   当日本当に
   靴と着替えを持ってきた子が
   何人もいた

私「では、カレールーを買う時に
  9人がカレールー売り場に
  横に並んだら
  ほかのお客様が見えなくて
  買い物できないよ。
  そんな時はどうしようか」

私はほかのお客様がいたら,
カレールー売り場を
一時譲ってほしかった。

すると子どもたちは

子「じゃあ、座る」
と言った。

え、座る?!?!

子「そう、カレールー売り場の前に
  みんなで座るの」

横一列に並び、
しゃがんで買い物をするということだ。

子「大人は背が高いから
  子どもがしゃがめば見えるでしょ」

(ああ、、、(汗
 非常に変な光景、、、)

私「じ、じゃあ、
  その時は,
  しゃがむということにしましょうか、、、(汗 」


私「もう1つ、
  通路に子どもたちが
  横いっぱいに広がって歩いたら
  急いでいるお客さんが
  子どもたちを抜かして買い物できないね」

私は通路に広がって歩かずに
端を歩いて欲しかった。


子「その時は、一列に並ぶ」

私「一列?」

子「そうすれば、後ろの人も抜かせるでしょ」

私「あ、そうだね、、、
  そ、そうしようか、、、。」

(スーパーで一列に並んで
 買い物している子どもたちも
 あまり見ませんが、、、(汗 )


早速当日、
ウキウキの子どもたちを連れて
スーパーに入った。

自動ドアが開いたとたんに
キリュウ君とヒロキ君が
中腰になって歩いていた(!)。

早すぎー(笑)。


カレールー売り場には
ほかのお客様がいなかったので
立って買い物ができた。

決めるのも早い。
3秒で決まった。

次、冷やし中華。

売り場を移動しようかと思ったら
マドカちゃんが言った。

「一列!」

あっ!
という間に
全員が私の後ろに一列に並んだ。
速い、おみごと。
毎日練習しているように見える。

ちなみにピッコロでは
並ぶということはほとんどない。
入学前に
マエナラエの練習をするくらいだ。


                 

私はスーパーの中を
子どもたちをしたがえて移動した。
後ろは9人が
黙って1列でついてくる。

ちょっと異様な集団、、、。


冷やし中華麺コーナーには
ほかのお客様がいた。
ズカズカ入り込まずに
自発的に横で待つ。

合格。

買う麺も3秒で決まった。

いざ、会計。


私「レジには2人しかいけないよ」

するとピッコロっ子にはめずらしく
普通のジャンケンで決めようとしている。

ピッコロでは
だいたい何かを決めるとき
ジャンケンははずされる。
話合いか
にらめっこ。

で、仮にじゃんけんで決めたとしても
負けた子が悲しそうな顔をしていると
その勝負はちゃらになる。

結局話し合って
誰もが納得する解決策を
みんなで考えることが多い。
だからやたらと時間がかかる。

(あー、事前に決めてくればよかったー(泣))
(ここ(レジの脇)で何分も待つのは
 ちょっとなー、、、(汗 )

後悔した。

子「ジャンケン ポン」

小声。
これも合格。

子「アイコデ ショ」

マドカちゃんとAちゃんが勝った。

ここからが長い。


、、、、と思ったら、
負けた子どもたちは
即座にレジから遠ざかった。

あれ?

いいの、今日は。

長引かなくて、、、。


(フー、助かったー)


2人と私でレジへ。

「ふくろはいりません」も
「リョウシュウショ ください」も言えた。

とってもスムーズに終了。
            
              

なんて素敵な
今年のパイナップル(組)。

帰りはスーパーの外のベンチで
チューチューアイスを食べた。

あ〜、幸せ。

と思っていたら、
マドカちゃんが言った。

「大〜変!!!」

私「え、、、なに?」

マドカちゃん「しゃがむの忘れた!!」(真面目な顔)

(笑)

こうやって年長組、最大のイベント、
お泊り保育が始まった。

つづく→

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月16日 (土)

ピッコロが本に紹介されました。

2011年6月1日発売!
中島(早川)恵理さん著
八ヶ岳山麓での自然環境、人、
地域を元気にする取組みを紹介している
「田園サスティナブルライフ」で
ピッコロの活動が紹介されました。

恵理さんはピッコロの保護者でもいらっしゃいます。
皆さま どうぞお読み下さい。

詳細は、学芸出版社のHPで目次等を見ていただくことができます。
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2511-8.htm

田園サスティナブルライフ: 八ヶ岳発! 心身豊かな農ある暮らし田園サスティナブルライフ: 八ヶ岳発! 心身豊かな農ある暮らし

著者:中島 恵理
販売元:学芸出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月12日 (火)

セミと毛虫/キャンピカ森のようちえん

先日、キャンピカ森のようちえんを
開催しました。

その時に感じたことを
コメントしました。
下記に飛んで頂けますか。

キャンピカ明野ブログ
http://picalog.jp/akeno/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »